« 2010年12月 | メイン | 2011年02月 »

2011年01月 アーカイブ

2011年01月01日

元旦がきた

元旦がきた 【県立地球防衛軍】

正月仮面は改良人間である。
彼を改良した電柱組は世界征服を企む地方の秘密結社である。
正月仮面は一年の全てを正月とするために県立地球防衛軍と戦うのだ。

正月早々こんなネタで始めてしまいました・・・、すみません。

< 本日のコネタ >
他に正月の歌を探していたらみつけてしまいました。
 ・らんま1/2 歌暦 1月 『この世でいちばん、お正月が好き』 高山みなみ
サンデーつながりですね。

2011年01月02日

Houdini's Hat

Houdini's Hat

兎年なのでウサギのパズルゲームです。
カーソルキーでシルクハットを転がして全てのウサギにかぶせて下さい。
面によってはウサギ以外だったり、時間制限があったり、タイミングが問題だったりもします。
情報元は銃とバッジは置いていけさん。

< 本日のコネタ >
クリックでブロックを消してウサギを雲まで誘導しましょう。
 ・Fly Away Rabbit
 ・Fly Away Rabbit 2

2011年01月03日

ウサギとニンジン

The Tamariz Rabbits (Juan Tamariz)

動画はタマリッツ氏が考案した「The Tamariz Rabbits」。
シルクハットとウサギのパケットトリックです。
国内ではマジックランド社が「ウサギとニンジン」と題して販売しています。(現在は扱っていないかもしれません)
詳しくはHIGE氏のブログをどうぞ!
 ・にんじんとうさぎ

< 本日のコネタ >
沢氏のラビット社から出ていた「チェックメイト」です。
 ・Dr. Sawa's CHECKMATE from Rabbit Co. Magic Japan
ラビット社については日曜手品師氏のブログが参考になります。
 ・ラビット社

2011年01月04日

うさぎ

SPEED Epson Colorio 1999 CM

12年前のプリンターのCMだそうです。
このCMをご存知の方には懐かしいかもしれません。
それにしてもこのアイデアは素敵ですね。

上記とは無関係ですが、福笑いもお楽しみ下さい。
現在ネットで話題になっている「二万一千円(4人前)の豪華おせち」だそうです。(笑
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1337681.swf

< 本日のコネタ >
ウサギをモチーフとした年賀状など。
 ・だまし文字絵-b01
 ・謹賀新年(2011年の年賀状デザイン)
 ・2011 year of rabbit
 ・全員集合だよ!兎だまし絵もどき

2011年01月05日

Monsterz - Chainz of Friendz

Monsterz - Chainz of Friendz

同種類のモンスター全てを縦横に繋げていくパズルゲームです。(斜め不可)
マウスクリックでモンスターを選択し、一筆書きの要領でマスに配置していきましょう。
ただし一体のモンスターに隣接できる同種のモンスターは二体まで。
同種のモンスターで三叉路や十字路の形状になってはいけないのです。
クリアすると全てのモンスターが笑顔になり、次のレベルへ進めます。

< 本日のコネタ >
鏡の中の世界と外の世界を行き来しながら、鍵を取って出口へ向かいましょう。
 ・Mirror
銃とバッジは置いていけさんより。

2011年01月06日

Spring Puzzle

Ring & Spring Magic Trick

エー、新春なのでスプリングパズルです。(笑
有名なので当ブログを御覧のほとんどの皆様はご存知でしょう。
パズルとしてもマジックとしても使えますが、私個人はマジックとして演じる方をお薦めします。
居酒屋で飲みながらでですが、これだけで一時間程盛り上がった事もありますので。
ちなみに私は秘密の動作を片手で行うようにしています。

昔は手に入りづらく、マジックショップや実演販売で買ったものです。
実演販売は駅構内や路上でよく行われていました。
しかもこれ単体での販売だったので、当時どれだけ売上があったのか気になります。
中には大変上手い方もいたそうですが。

今までに様々な種類を手に入れましたが中には酷いものもありました。
スプリングの両端が閉じていないのはまだしも、リングが閉じていないものまで・・・。
少なくともパズルとしては使えないですよね。

尚、マジック用として販売されているものの多くはリングにリボンが付いている場合が多いです。
直接リングを持たずにリボンを持って見せるので。
当オンラインショップでも2個セットで販売中ですが、リボンは付いていません。
マジックとして演じる際はこのようにリボンをつけるとよいでしょう。

< 本日のコネタ >
Web上の予言マジックですね。
 ・ダイイング・メッセージ(dying message)予言

2011年01月07日

正月は冥途の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし

365 Skulls in 1 Minute

グラフィックデザイナーのNoah Scalin氏が365種類の髑髏を1分程で紹介する動画。
これらの画像はSkullで紹介したSkull-A-Dayからです。
ブログの方も1年で終わらずに今でも毎日更新している模様。

次も同氏による動画で、スライスした本物の脳で髑髏を形作っています。
 ・Skull Made of Brain Slices

著書も出されたそうです。
 ・Skulls [ペーパーバック]

< 本日のコネタ >
コネタも髑髏で。
 ・caalveraROMANRTIA

2011年01月08日

ブラウザによって変化する画像

使用ブラウザによって変化する不思議な絵です。
このサムネイル画像をクリックして別窓で開いてみましょう。
Internet Explorer、Chrome、Safariで見た時とFirefox、Operaで見た時では色と表示が異なります。

タネ明かしは下記をどうぞ。
 ・ブラウザによって見えるものが変わる不思議な画像

こちらを参考にして私も作ってみました。

< 本日のコネタ >
Intelの楽しいプロモーションビデオです。
 ・The Chase Film
everything is goneさんより。

2011年01月09日

2011

Where is 2011?

どこかに隠れている「2011」を探しましょう。

今回は2011に関するネタなどを・・・。
 ・2011年は「セクシー素数」の年
 ・590 - Un deseo con todos los digitos
 ・年号を重ねて
 ・2011

< 本日のコネタ >
運試しなのかな?
 ・Best wishes for 2011
詳しくは情報元のsasapong!!さんを御覧下さい。

2011年01月10日

Motion silences awareness of hue changes

Motion silences awareness of hue changes

中央の白い点に注目して下さい。
外側にある円の色が変化していくのがわかると思います。
しばらくすると点を中心に回転し始めます。
さてその時、円の色は変わっているでしょうか?

もう一度見てみたくなりますね。

< 本日のコネタ >
ビアカップの容量を比べてみました。
 ・Qwest Field Beer Study Investigation
情報元のデジログ!さんによると、ラージサイズは8.50ドル、スモールサイズは7.25ドルで売られているそうです。

2011年01月11日

ダウンタウン

マジシャン危篤

「ダウンタウンのごっつええ感じ」からマジック動画(?)です。
もう一つありました。
 ・現代における手品のあり方

両動画は残念ながら外部プレーヤーでは御覧になれないようです。

< 本日のコネタ >
その昔、東京12チャンネル(現 テレビ東京)で放映されていたそうですが、全く記憶にありません。
 ・The Magician (Bill Bixby) Opening Montage
詳しくは番組ガイド:「ザ・マジシャン」をどうぞ。

2011年01月12日

ピン・エスケープ

ピンの幻影

教授の戯言さんが紹介されていた「ピンの幻影」。
簡単に出来てとても不思議なマジックです。
私が初めて見たのは少なくとも30年以上前で、多分トリックス製だったように思います。

ところで、マジック・スタジオ KandA発行の小冊子『NANDA』に「ファントマ氏のピン・エスケープ」と題して片倉雄一氏が解説している作品を見つけました。(昔読んだはずですがすっかり忘れていました)
これは穴のあいた3枚のカードとワリピンを使用して行う、上記動画のような現象のマジックです。
小冊子にはファントマ氏によるカードと割りピンの通販のお知らせが載っています。
jpmagic氏がお持ちのカードは、販売元はともかく、製作元はファントマ氏なのかもしれません。
 ・Pin Thruogh Card

片倉氏のあとがきをそっくり引用致します。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<< あとがき >> この作品は、従来トリックカードを使って行なわれてきた同種の作品を改良し、まったく仕掛けのないカードを使って行なえる様にしたものです。したがって、最後には用具をすべて客にわたせるため、従来の方法を知っている奇術家をもひっかけることが出来ます。特に、カードの両面をあらためる方法が巧妙で、私自身、はじめてファントマ氏に見せられた時は、みごとにひっかかってしまいました。その後、何人もの人に見せましたが、一般の人にも奇術家にも好評だった為、特にお願いして、この小冊子に載せる許可をいただきました。
 紙面をお借りして、あらためてファントマ氏にお礼を述べさせていただきます。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

尚、マジック・スタジオ KandA社については下記が参考になるでしょう。
 ・カムバック!片倉雄一-その2-

< 本日のコネタ >
パラパラマンガによるカード当てマジックです。
 ・めからかいこうせん

2011年01月13日

Fragments

Fragments

黒いマスへパネルを配置するパズルゲームです。
パネルをマウスクリックすると矢印が表示されるので、移動させる方向を選びましょう。
その方向にパネルがスライドしますが、何かにぶつかるまで止まりません。
全てのパネルを黒いマスへ移動させるとレベルクリアです。

< 本日のコネタ >
追いかけてくる青い点に捕まらないよう、赤い点を円の外に脱出させて下さい。
 ・Fox and Duck (flash game)

2011年01月14日

Palazzo Inverso

Palazzo Inverso Children's Book Trailer

動画はD.B. Johnson氏の絵本です。
御覧になればすぐお気づきになられると思いますが、エッシャー作品へのオマージュに満ちています。
大きな画像はこちらからどうぞ。

翻訳版が欲しいところですね。
 ・Palazzo Inverso [ハードカバー]

< 本日のコネタ >
手で表現された様々な広告です。
 ・32 Brilliant Painted Hands in Advertising

2011年01月15日

ARIMASU

ARIMASU

13のピースをケースに全て収める敷き詰めパズルです。
各ピースはマウスドラッグで移動、ドラッグ中にスペースバー押下で回転します。
上部のスクロールパーでパズルのサイズを変更できるので好きな大きさに調節しましょう。

尚、サムネイル画像はたくさんある解のうちの一つです。

< 本日のコネタ >
Clickplayの第三弾です。
 ・Clickplay 3

2011年01月16日

Isle of Tune

Isle of Tune

道路に沿って街灯、家、木、花壇を配置し、車を走らせると演奏してくれます。
詳細は情報元のsasapong!!さんを御覧下さい。

画面上部の「BROWSE ALL ISLANDS」をクリックすると、他の方が作った作品を楽しめます。
サムネイル画像は現在79位にランキングされている「Oshogatsu」。
道路が「正月」の形になっている凝った作品です。
尚、作品の中には4'33(4分33秒)もありました。(笑

< 本日のコネタ >
大変奇妙なミュージック・ビデオです。
 ・Eskmo 'We Got More' (Official Video)

2011年01月17日

HOME'S PARTY

HOME'S PARTY

モーションVR技術を取り入れた、YouTube動画の謎解きゲームです。
パーティーに参加して、主催者と部屋の家賃を当てて下さい。
ほとんどの場合、赤いクリックポイントがヒントに繋がっているそうです。
人に話しかけたり、アイテムを取得しながら進めましょう。
情報元を失念しました。

< 本日のコネタ >
有名な問題が多いです。
 ・ひっかけ問題出してくれ

2011年01月18日

キーマジネーション

キーマジネーション by藤原邦恭&高尾こういち/セオマジック

私が「木の矢印が通った五円玉」を知ったのは科学雑誌『QUARK』です。
同じく『OMNI』という科学雑誌もあったのですが、芦ヶ原伸之氏が連載されていたのもあって私は『QUARK』の方が好きでした。
立ち読みに図書室、図書館をフル活用でしたが。(汗
ちなみにQUARK別冊の『芦ヶ原伸之の究極のパズル』だけは買いました。

当時不思議だった五円玉の矢は、今では商品として販売されています。
 ・矢れば出来る!
矢れば出来る!を使ったマジックもあります。
 ・Can → Do! | 矢れば出来る!

「矢」の代わりに「鍵」の形にしたのが、キーマジネーションです。
これを使ったマジックが上の動画「キーマジネーション&心の封筒」です。

< 本日のコネタ >
人形を使ったリンキングリングです。
 ・じっきぃ パントマイムREMIXバージョン『人形リング』

2011年01月19日

2010 Subaru Brand Movie "The CarParts"

2010 Subaru Brand Movie "The CarParts"

スバル車の宣伝ムービー。
この動画はスバル車のパーツのみで構築されているそうです。
何がどの部品だか、私にはほとんどわかりませんが。
情報元はHiroiroさん。

< 本日のコネタ >
こちらは工具等で表現された深海の世界です。
 ・SHORT stories: The Deep - PES

2011年01月20日

logic marbles

logic marbles

各々のボールを同色の穴へ入れるのが目的です。
3箇所の切り替えポイントをマウスクリックで予めセットしましょう。
終わったら「push」をクリックするとボールがはじかれ、左から順番に落ちてきます。
全部で7問。

< 本日のコネタ >
K.O.L.M.の続編で、今度は面クリアタイプのようです。
 ・K.O.L.M.I.A.M.

2011年01月21日

COLOR WORLD

COLOR WORLD

砲台から弾を発射して、キャラクターと箱の色を同じにしましょう。
発射できる弾は左下にあり、クリックか数字キーで切り替える事が出来ます。
箱は弾が当たると弾の色に変わりますが、その他のアイテムを使用して色が変わる事もあります。
ステージ毎に登場する様々なアイテムを上手に利用して下さい。

< 本日のコネタ >
解体シリーズ10作目はサインポールです。
 ・No.10 解体(サインポール編)

2011年01月22日

Tearing a Lady in Two

Crow Garrett

Crow Garrett氏が1:27から演じているのは、2枚のトランプを使ったマジックです。
デビッド・ブリットランド氏考案のTearing a Lady in Twoに似ていますが、それでは説明できない部分があります。
改案なのか、全く別に考案されたのかはわかりませんが・・・。
尚、Tearing a Lady in Twoもこの動画のマジックも2枚のトランプのみで(デュプリケイト等は使わずに)演じる事が出来ます。

< 本日のコネタ >
黄金のガイコツから始まったマジックモデルシリーズです。
 ・トリックス 黄金のガイコツ
 ・トリックス 魔剣とドクロ
 ・トリックス 恐怖の館

2011年01月23日

布目貫一

布目 貫一(ぬのめ かんいち)

またもや懐かしい動画を発見!
故布目貫一氏の絶品芸、浪曲奇術です。
ご存知ない方は是非御覧下さい。

氏は私が子供の頃通っていた地元の奇術クラブで講師をされていました。
後から知ったことですが、他の複数の奇術クラブでも講師を務めていらしたそうです。
また、当時は神田神保町にあったトリックスのディーラーでもありました。
私も黄金のガイコツ等、氏から購入したトリックス製品は数多く、大変御世話になりました。
氏を慕う方々による「貫門会」という組織もあり、指導を受けたマジックファンは相当数になるでしょう。

< 本日のコネタ >
映画『スティング』のワンシーンです。
 ・The Sting - Card tricks

2011年01月24日

もじがお

もじがお

名前の文字で似顔絵を作りましょう。
使えるのはひらがな6文字までで、操作は全てマウスです。
最初に「なまえ」の入力欄をクリックして文字を選び、「もじがおつくる」をクリックして下さい。
作られたもじがおは各部位毎の修正と文字毎の修正をしましょう。
文字毎の修正は拡大縮小、回転、反転が可能です。
情報元はXtal_Quothさん。

< 本日のコネタ >
カーペットとガラステーブルを使ったスキャニメーション!
 ・"Magic Carp-pet" - Rug Design by CHC
カミノデザインさんより。

2011年01月25日

さかさま音楽 3

オレンジパラドックスを検証してみる

新津章夫氏の「オレンジ・パラドックス」。
さかさま音楽 2で触れたので覚えている方もいらっしゃるかもしれませんね。
アカウントをお持ちでない方はこちらからどうぞ。

尚、動画の画像は「オレンジ・パラドックス」が収録されたアルバム『I・O(イオ)』のジャケットです。
騙し絵が使われているので大きな画像を探してみました。
 ・いきなりですが、横尾忠則 ジャケット 少しだけ特集ーーー!!

< 本日のコネタ >
歌まで逆・・・。
 ・【逆再生】イゥリプカ【仕掛け】 (またはこちら

2011年01月26日

法力

仏教の不思議な力

その昔前田知洋氏から聞いた話。(細かい部分は違っているかもしれませんが、なにぶん古い話なのでご容赦願います。)
お寺へ行った際に僧が法力を見せてくれたと。
銀紙を丸めて僧が呪文を唱えると熱をもって煙が出てきたそうな。
氏は笑いを抑えるのが大変だったと言っていました。

参考動画
 ・サイキックK 超能力マジック 手を触れずに温度計の温度が上がる!!

さて、上記動画はタイのお寺にてだそうですが、似たような現象をご存知の方も多いでしょう。
例えばHaunted Keyとか。
本来であれば尊敬されるべき僧職者の中にも怪しいヤツは結構いるという話でした。

< 本日のコネタ >
マニアですね。
 ・奇術・手品 古本市場・ミステリ・早川 SF・奇術・マジックの古本・古書・通販・専門店  古本舗ー多摩
店長日記もなかなか。

2011年01月27日

The Magician

The Magician

裏方となって数々のマジックを成功させるのが目的です。
先ずは「SHOW THE TRICK」をクリックして実際の演技を見ます。
次に「DO THE TRICK」クリックでマジシャンのお手伝い。
クリックで舞台装置や秘密のギミックを作動させましょう。
情報元は銃とバッジは置いていけさん。

< 本日のコネタ >
数理トリックに使えないかな?
 ・知ってる? クレジットカード番号の意味と暗算認証術

2011年01月28日

勇者と普通の黒板

勇者と普通の黒板

魔女っこと封印の石版に続く、論理パズルの第二弾です。
月曜日から金曜日に来る各々のゲストの名前、職業、年齢をプロデューサーの話から推理して下さい。
今回もアシスト用flashがあるので役立てましょう。
主観では前回より易しく感じました。
情報元失念にて失礼。

< 本日のコネタ >
初めて見る問題もありました。
 ・頭が柔らかくなる問題解こうぜ

2011年01月29日

ジャンボマックス

Tanrei Green-Label "GJM tojo dayo"

CMに登場したジャンボマックス。(正確にはグリーンジャンボマックスと呼ぶそう)
オリジナルは40年近く前に「8時だョ!全員集合」等に出演していました。
身長3メートル程もありながらも動作はスムースで目や口なども動き、当時はどういう仕掛けなのか話題になったのを覚えています。
エメリーのお気に入りさんで紹介されていた次の動画を見て思い出した次第です。
 ・Giant Puppet

< 本日のコネタ >
1分で誰もが理解できる超ひも理論です。
 ・超ひも理論

2011年01月30日

The Tricky Tumblers

The Tricky Tumblers

「色」という要素が加わった計量パズルです。
序盤は一般的な問題ですが、途中から青と黄色とそれらの混合である緑の液体を扱います。
青と黄色のマジックウォンドは、緑の液体をそれぞれ青及び黄色に戻す事が出来ます。
15問とボーナス問題が3問の18問。

< 本日のコネタ >
同種の生物を3つ以上繋げて流出オイルと同時に消していきましょう。
オイルの流出拡大が早いので大変です。
 ・Super Obama's Oil
芸夢サイト -Gamessite-さんより。

2011年01月31日

消える車

[Funny]- Parked Cars Towed?

買い物をして駐車場に戻ったら車が消えた!?
大掛かりなイタズラですね。

状況は同じですが、こちらは完全に自分の不注意。
 ・Phantom Driver Steals Pickup - Funny!

0:12頃に左から現れる車に注目!
どうなっているのかよくわかりません。
 ・Carro caindo no canal de Piedade

タネ明かしを見て驚きました。
 ・ミステリーゾーン 車が消えるトンネル

車を消すにはこの手法もありました。
 ・CarArt Car disappear/vanish Sarah Watson Art student Preston University BBC North West Tonight

< 本日のコネタ >
赤い車が一瞬で青い車にカラーチェンジ。
 ・Man tries to run border in Ontario, Canada.
このマジックの欠点は「音」ですね。