« Invisible Pen | メイン | マモノ・スイーパー »

和妻

大江戸両国からくり祭 植瓜術 藤山新太郎 藤山晃太郎

江戸時代の手妻「植瓜術」。
当時の文献にしか残っていない幻の芸が藤山氏の手によって再現されました。
他にも「呑馬術」や「緒小桶」を復活させたそうですが、和妻はもっと見直されるべきでしょう。

紙が卵に変わる「吹紙鶏子」もどうぞ。
 ・慶紙の扱い [Keishi no atsukai]

< 本日のコネタ >
上記とは反対に最新テクノロジーによるマジックです。
 ・TEDxTokyo - マルコ・テンペスト - 05/15/10 - (日本語)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://misdirection.oops.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1712

コメント (2)

仕分け忍者:

マルコ氏のテクノロジーを感じさせるアイディア
にはいつも感心させられますね。
でも何が不思議かが私には理解出来ないところなんですが…。

手妻の動画、カット編集無しで見せて欲しかった。

管理人:

仕分け忍者様、単にマルコ氏が映像に合わせて動いているだけにも見えますよね。(笑

>手妻の動画、カット編集無しで見せて欲しかった。
未編集だとネタバレしちゃうんでしょうか?
映像を見た限りですとかなり不思議な気がするんですが。

コメントを投稿