« 間違いサンタ探し | メイン | クリスマスツリーのパズル »

ミルクとクルミ

Milk & Walnut | ミルクとクルミ

先日見つけたこの動画、二川滋夫氏の傑作パケットトリックです。
結構昔の作品のはずなのに今でも手に入るのがうれしいところ。

改めて動画を見て気づいたのですが、観客側からすると左右の手が逆の方が見やすいですね。
演者としはなかなかそうはできないのですけれど・・・。

教授の戯言さんにこのパケットを使った面白いネタがありました。
 ・ミルクとクルミと
テクニック的には十分可能なネタですが、確かに別な意味で演じるのは難しそう。

< 本日のコネタ >
Hey presto!さんが紹介していたマジックの動画です。
 ・3D Paradox | スリー・ディー・パラドックス

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://misdirection.oops.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1196

コメント (9)

リンクありがとうございます。
ミルクとクルミは私もふざけたバージョンを作るくらい好きなマジックです。確かに左右の手が逆の方が見やすいですね。3D Paradoxは動画の演技がとても上手いので、ちょっと見直してみたり。でもやっぱりポップアップカードの必然性が欲しいなぁ。

管理人:

jpmagic様、コメントを読んで思い出しました。
貴ブログでも紹介されていましたね。
思い出せずにごめんなさい。

こちらも大変面白いので未読の方は是非ご覧下さい。
Milk & Walnut - Shigeo Futagawa (http://jpmagic.blog34.fc2.com/blog-entry-338.html)

動画の3D Paradoxは確かに上手いので、欲しくなる方もいそうですね。
でも、客観的にみても値段が高すぎる気がします。
大量生産品ではないでしょうから、コスト的に高くなるのは理解できるのですが・・・。

ちゃちゃ:

教授の戯言さんを拝見したところ…ついに実際にやられたようですねあのネタを。

この勇気ある行動には、いかにベタと言われようともこのセリフが最も相応しい。
「さすが教授!おれたちにできないネタを平然とやってのけるッ!
 そこにシビれる!あこがれるゥ!」

管理人:

ちゃちゃ様、私も昨日きょうじゅ様のサイトを拝見しました。
コメントをしようかとも思ったのですが、ネタが濃いのでためらってしまいました。
ニコニコ動画を見ているので、かろうじて「ミクル」が理解できるレベルですから・・・。(汗

「ウケるかもしれないという可能性が1%でもあるなら…!やらねえわけにはいかねえだろう。」って感じでしょうか。


どうも、あけまして本人です。
お二人とも、書いてくだされば良かったのにー。
この一線を超えた事は、手品愛好家としてはなにかこう、
大切な何かを失わせた気がします。
しかしあえて高揚の方に任せて岸辺露伴的に言えば、

このきょうじゅが、金やちやほやされるために、
ミクルネタを書いてると思っていたのかァーーーーッ!!
ぼくは、『笑ってもらうため』にブログを書いている!
『笑ってもらうため』ただそれだけのためだ。
単純なただひとつの理由だが、それ以外はどうでもいいのだ!

でしょうか。
いや、ウケ以外は本当にどうでもいいのです(笑)。

管理人:

きょうじゅ様、正直に申し上げますとそのマジック見たかったです。
今からでも遅くありません。YouTubeかニコニコへアップして下さい。(笑

「きょうじゅは大切な何かを失わせたことよりも笑ってもらうことを喜ぶタイプ」という解釈でよろしいでしょうか。
私はマジシャンにとってその方が重要だと思いますので、その路線で突っ走って頂きたいと思います。
実際、観客を集中させて疲れさすよりも笑って喜んでもらえるマジックの方が好きです。

「…いやいや、やりませんよ、言っときますけど!」の一文に対しては「いえいえ、やってください、見に行きます」で返答させて頂きます。(笑

ぼくの しる かぎりでは このてじなに みくるくらいまっくすの あいであを もちこんだのは きょねんの はこねの ひとねたこんてすとで そういうことを くちばしった つわものの ひとが いたのが いちばん ふるい きおく なのですが もっと さかのぼれるのかも しれません。

管理人:

とひくんへ

どうがを みました。
これをけすのは もったいないと おもいます。
ようつべ とか いうところで ぜんせかいに むけて はっしんしませんか?

突然訪問します失礼しました。あなたのブログはとてもすばらしいです、本当に感心しました!

コメントを投稿