« 2008年05月 | メイン | 2008年07月 »

2008年06月 アーカイブ

2008年06月01日

Adam Murby

Abzorbtion Illusion by Murbz

たまたま見つけたマジック動画。
Tシャツと帽子を使う演出も洒落ています。

Murbz氏はオーストラリアの若いイリュージョニストらしいです。
 ・Profile - Adam Murby
氏のホームページはこちら

< 本日のコネタ >
2枚の紙幣を使った即席マジックをどうぞ。
 ・dollar bill penetration

2008年06月02日

スイッチ

これは何のスイッチでしょう?

もしかするとウィルスに感染しちゃったり、ハードディスクがフォーマットされちゃったりして・・・。
情報元であるエメリーのお気に入りさんを見ないで、このスイッチを押す勇気がありますか?

< 本日のコネタ >
とってもお利口さん。
 ・Puppy Steals Toilet Paper
pya!さんより。

2008年06月03日

偏光板

偏光板マジックボックス

偏光板を使ったトリックです。
リンク先はピンポン球が仕切板を通り抜けたように見える動画。(「ピンポン球が透過する様子 5秒 460KB」をクリック)

偏光板で紹介されている「見えない電卓」は、昔作った事があります。
例会速報 2008/01/19 慶応義塾高校では、それの応用で「見えないケータイ」を作られた方が・・・。

下記もご参考に。
 ・ポラファンタジー
 ・偏光板とセロテープを使った光のオブジェの製作
 ・偏光板で遊ぼう!
 ・Tiffen Circular Polarizer Filter
 ・Circular-polarizer-mirror-test.MOV

< 本日のコネタ >
ユニークなティーポットです。
 ・Magic Teapot
なまらリンクさんより。

2008年06月04日

Zeparate

Zeparate

コンピューターは黄色と青、プレイヤーは赤と緑が自分のタイルです。
自分のタイルのうち、どちらか一方の色のタイルを全て取り除きましょう。
縦の列か横の列を動かす事を交互に繰り返し、タイルを孤立させる事で取り除く事ができます。

すみません、ルールがわかりづらいことと思います。(汗
こちらにも解説がありましたのでご覧下さい。

< 本日のコネタ >
特製のキューブ系パズル。
 ・X-Block Custom Rubik's Type
 ・Pyracosaminx Puzzle
 ・The Pentultimate
 ・X-Block Supreme Rubik's Puzzle

2008年06月05日

Wanderlust

Bjork's New 3-D Video

ビョークの「Wanderlust」です。
動画はアナグリフ仕様なので赤青メガネを用意してご覧下さい。
尚、リンク先にはメイキングシーンもあります。
情報元はザイーガさん。

< 本日のコネタ >
音ゲーのような・・・。
 ・Rock Band Traffic
エメリーのお気に入りさんより。

2008年06月06日

YOSHIMOTO BOX

"YOSHIMOTO BOX" 裏返る立方体

日曜手品日記さんを見て、なんとなくYOSHIMOTO BOXを思い出しました。
説明するより見た方が早いので、リンク先の動画をご覧下さい。

下記に詳しい説明や型紙があります。
 ・YOSHIMOTO BOX <裏返る立方体>
これもマジックに使えないかな?

< 本日のコネタ >
すげぇ小さいツルおったwwwwで極小の折鶴の写真がありました。
Mrtn Directoryさんでは、ミニサイズのMagic Rose Cubeが・・・。
私も奮起して同じくMagic Rose Cubeに挑戦しました。(こちら
CG加工はしておりませんが、写真に何か違和感を感じた方もいらっしゃるかもしれません。
その場合は気のせいという事にしておいて下さい。(笑

2008年06月07日

テンヨー廃盤製品

tenyo squeeze play by Di Fatta

懐かしいテンヨー製品の動画を集めてみました。
現在廃盤になっているとおぼしきものばかりです。
もしかすると間違いがあるかもしれませんが、どうかご容赦願います。

 ・Tenyo Mystery china box by Di Fatta
 ・Mystery of the High Hat
 ・Tenyo cutting edge by Di Fatta
 ・El puzzle de la reina
 ・Tenyo impossible pen by Di Fatta
 ・Tenyo Bird Watcher by Di Fatta
 ・Tenyo Enchanted strings by Di Fatta
 ・Tenyo Pillars of thor by Di Fatta
 ・Crystal Pyramid (Tenyo Magic)
 ・Tenyo Twister Magic Trick
 ・Tenyo Bill Scape Magic Trick
 ・Transformation Tunnel Magic Trick (Tenyo Tunnel of Darkness)
 ・Tenyo Eye of the idol by Di Fatta
 ・Tenyo Merlin's coffer by Di Fatta
 ・Wandering Hole By Tenyo Collector's Magic
 ・Coin IN Nest Of Case

< 本日のコネタ >
マジックボックスがちょっと気になります。
 ・「コアラのマーチ」
森羅万象ドットコムさんより。

2008年06月08日

ポップコーン

Performing in front of Kwon Sang Woo

とうもろこしの種をポップコーンに変えるマジックがあります。
私はマイケル・ウェバー氏が演じているのを見たのが最初だったと思います。
(もしかしたら別人だったかも。あまり自信なし)
尚、リンク先の動画はセロ氏によるものです。

同様の現象を誰にでも簡単にできる方法を紹介しましょう。
 ・そく席ポップコーン(4月17日放送)

さて、HiroIroさんで、面白い動画を見つけました。
 ・携帯電話でポップコーンを作る
この動画は本当?それともフェイク?

< 本日のコネタ >
マジックには自分が選ばせたいものを強制的に相手に選ばせる方法が存在します。
それを応用すると次のようなことも可能になります。
 ・銀のさら
おもトピ!さんより。

2008年06月09日

Gregory Barsamian

Gregory Barsamian - Feral Front

ニューヨークのアーティスト、グレゴリー・バーサミアン氏の作品。
Zoetropeの原理を使った、彫刻アニメーションです。
蛇口から落ちる水滴が爆弾に変わり、そして紙飛行機・・・。
マジックを見ているかのような不思議な作品です。
Gregory Barsamian animatronicも面白いです。

氏のホームページはこちらのようなのですが、私の環境ではFlashが表示されません。
困っていたのですが、下記の情報でこちらから見ることが出来ました。
 ・Gregory Barsamianの作品
尚、こちらからディレクトリがのぞけます。
DieFalle.swfJuggler.swfScream.swf等をご覧下さい。

下記もご参考に。
 ・グレゴリー・バーサミアン展

< 本日のコネタ >
日産ティーダの不可能図形を使った広告です。
 ・Nissan Tiida: Illusion, 1
 ・Nissan Tiida: Illusion, 2
 ・Nissan Tiida: Illusion, 3

2008年06月10日

The idiot test 4

The idiot test 4

The Idiot Testの4作目。
すべて英語ですが中学生でも十分わかると思います。
各々のレベル毎にパスワードが表示されますので、コピーしておくと便利でしょう。
尚、スピードを要する場面もありますのでご注意を!
一度も騙されずにクリア出来た方は、是非コメント欄で自慢して下さい。

< 本日のコネタ >
こちらは英語が全く読めない方のほうが楽しめます。(小太郎ぶろぐさんより)
 ・You Have To Burn The Rope
カーソルキーで移動、Ctrlキーで攻撃。

2008年06月11日

Origami book

Origami book

一枚の紙で本を作る有名な方法があります。
こちらNo4.からくり冊子をつくろう(PDF)をご覧下さい。

この動画では切れ目なしの折り紙で豆本を作っています。
何冊か作って飾ると楽しそう。
情報元はみずほN◇MIZUHO(N)さん。

< 本日のコネタ >
以前紹介した折紙の起き上がり小法師の動画がありました。
 ・...and Origami for all - 19 - The Living Origami

2008年06月12日

Censor Bar Art

Censor Bar Art

久しぶりにセクシーネタ。
黒塗りバーで遊ぶミュージックビデオです。
普段は歓迎される事の無い黒塗りですが(笑)、発想を変えると楽しいものに!
情報元はつぶやき小屋さん。

< 本日のコネタ >
車で音楽!
 ・Happy car crashing with Eboman
すなあじさんより。

2008年06月13日

クリリンノコトカー

クリリンノコトカー

まなめはうすさんで知ったジェネレーター。
リンク先には何の説明もないので、何のジェネレーターかわからない方も多いのではないでしょうか。
いろいろ試してみてどうしてもわからない方はこちらをご覧下さい。(注 下ネタ多し)
ただし、残念ながら機種依存文字(のはず)ですので、Windows以外のマシンではまともに表示されないと思います。

< 本日のコネタ >
仕掛け花火ジェネレータと同じ作者によるもの。
見事なまでの才能の無駄遣いに感心させられます。(誉め言葉)
 ・側面図ジェネレータ
おもトピ!さんより。

2008年06月14日

Ancient Japanese proverb

Ancient Japanese proverb

昔の日本語の諺だそうです。
あなたが小学生ならば無理かもしれませんが、中学生以上でしたら読めますよね?
高校生で読めない方は、古文の先生に質問してみましょう。
読めない大学生にはThe Park Hotelsのコネタを。

< 本日のコネタ >
アイデアが楽しい。
 ・英単語で表現

2008年06月15日

PANEL_VL

PANEL_VL

ボーカロイド及びその亜種を使った落ち物パズルゲームです。
操作は全てカーソルキーで行います。
上下キーで白枠を上下に移動、左右キーでパネルを左右に移動。
パネルは4個以上隣接する事で消えます。

最初は楽ですが弱音ハクが出てくるあたりから厳しくなります。
自己ベストは3660でした。
(・∀・)イイ・アクセスさんより。

< 本日のコネタ >
慶応幼稚舎入舎試験だそうです。
 ・全然わからない・・・
情報元失念しました。

2008年06月16日

水戸黄門 + どんぐり

【鏡音リンレン】ああどんぐりに涙あり【水戸黄門+どんぐりころころ】

「ああ人生に涙あり」(水戸黄門のOP)の節で「どんぐりころころ」を!
有名な話なのでご存知の方は多いと思います。
ニコニコ動画でボーカロイドが歌っているのを見つけました。

その反対も。
 ・【鏡音リンレン】ああ人生にどんぐりあり【水戸黄門+どんぐり】

例によってアカウントをお持ちで無い方はこちらでご覧下さい。

< 本日のコネタ >
後半の展開にはちょっと驚くかもしれません。
 ・Coldplay - The Scientist

2008年06月17日

クレヨン

Clarivoyance Crayon Performance - Magic Tricks R 4 Kids DVD

後ろ手で受け取ったクレヨンの色を当てるマジック。
私は子供の頃に本で覚えました。
クレヨンさえあればどこでも出来る、楽しい即席マジックです。

タネを知りたい方は下記をどうぞ。
 ・Magic Trick with Crayons You Can Do Anywhere!

< 本日のコネタ >
有名なロープマジック(シェファローの結び目だったかな?)に指輪を加えたもの。
 ・Chefalo Rope Trick and Ring Drop

2008年06月18日

Square Team

Square Team

ブロックをどれか一つ出口(EXIT)に到達させましょう。
マウスクリックでブロックを指定し、カーソルキー(またはWADキー)で移動させます。
また、ステージが進むとアイテムや特殊用途のブロックが現れます。
面白いパズルゲームですが、バグがあるのでクリアならず。
バグについては情報元の小太郎ぶろぐさんのコメント欄を。

< 本日のコネタ >
まるで脱出パズルゲームのよう。
 ・建築家が家主に内緒で仕掛けたNY5番街のカラクリ屋敷
楽しすぎます。

2008年06月19日

東京おもちゃショー2008

My Mystery UFO - toy floats in mid-air!!!

今年も東京おもちゃショーへ行ってきました。
リンク先の動画は宙に浮くUFO(ミステリーUFO)で、東京おもちゃショー限定受注商品だそうです。
「電池も使わず、リモコンでもない!」という売り文句なのですが、某マジックによく似ている気がしてなりません。(笑

さて、テンヨーの新製品。
今回も小宮賢一氏が演じていらっしゃいました。
細かく書いて次回から見せてもらえなくなると困るので、いつも通り簡単な解説です。
・(仮)シンクロボックス
 The Symathetic Matchbox Trickのテンヨー版といったところ。
・(仮)ワンダーフレーム
 描かれたピノキオの絵の鼻が伸びたり、縮んだり。
・(仮)バニシングポイント
 ビリヤードボール程のサイズのボールを1枚のジャンボカードで覆うと完全に消えてしまいます。
・(仮)復活する新聞紙
 「新聞紙の復活」現象は詳しくないのですが、かなりフェアに見えました。
・(仮)マジカルドア
 鍵とチェーンと扉を使った貫通現象。

同じくテンヨー製品。 左は3Dアート下敷きで全部で4種類あるそうです。 右は静電気を発生させる装置で写真のように薄い紙(?)を浮かせることが出来ます。 蝶の形をしたものもあり、担当者曰く「胡蝶の舞」だそうです。 二人でキャッチボールのような遊びも。
左は温度で色が変わるおもちゃのケーキや皿など。 国語屋稼業の戯言さんの確かにクレーン車で解説されている温度で色が変わるミニカーを女児向けにしたような感じです。 右はシルクハットにいろいろなものが収められている幼児向けの玩具。
アップリケイト ver.0のコネタで紹介したアクアドロップ。 超撥水茶せんもありましたので担当の方に販売予定を聞いてみましたが、やはりないそうです。(笑
新製品ではないようですが、お風呂であげものが楽しめる入浴剤は面白かったです。 詳しくはふろずきんチャンのたのしーバスタイム公式サイトをご覧下さい。
ついでにロッテガムの入浴剤とガリガリ君の入浴剤も。

尚、DP GROUPさんがウェブショップを開店したとの事。
興味のある方は一度ご覧下さい。
 ・マジックショップ「マジックエクスプレス オンライン」手品道具専門の通販サイト

明日はパズルやゲーム等を紹介する予定です。

2008年06月20日

東京おもちゃショー2008 その2

今回は東京おもちゃショーで見たパズルやゲームなどの報告です。
慌しく会場巡りをしていたので間違い等あるかもしれませんが御容赦願います。

ルービックキューブで作られた絵とウルトラヒーローシリーズのソフビ3,000体で構成されたウルトラマンです。 行かれる方は是非見ておきましょう。
キャストパズルの「VOLTEX」と「EQUA」です。 「VOLTEX」はマジック紳士-HIGE-さんや感想記さんが取り上げていらっしゃいます。 「EQUA」の大きな画像はこちらをご覧下さい。 あのオスカー氏の作品らしいです。
ユニークなジグソーパズルです。 パズルが完成したら、今度はピースを縦に積み重ねると立体的な画像に!
キーチェーンタイプのボール型立体ジグソーパズル。
新感覚のパズル「チェーンブロック」。 指定された図形に並べるパズルですが、面白いのは各パーツが変形するところ。 最初にパーツを変形させ、問題シートに当てはめていきます。
ブロックスを立体にした「ブロックス3D」と四目並べにスライド要素を取り入れた「スライド4」
高級感のあるボードゲーム、「QUARTO!」と「BATIK」。
10色7種のパーツで様々な立体作品が作れる「LaQ」。
「Wammy」のピースは一つだけですが、曲げたり通したりで自由な作品が作れます。
豆本が作れる「MYまめっポン!」です。

2008年06月21日

i polygraph

make_your_own

オンラインの嘘発見器です。
被験者(観客)が自由に選んだトランプを、この嘘発見器が幾つかの質問から当ててしまうのです。
質問に対して被験者が嘘を答えても構いません。
わずかな心理的動揺がマウスの動きに現れ、それを読み取ってしまいます!

勿論トリックがあり、下記サイトに演じ方が記されています。
 ・i polygraph - computer mentalist
ちょっと長い英文ですが頑張って読んで下さい。
質問も英語なので観客はある程度英語が読める方を選びましょう。

< 本日のコネタ >
上記のネタは加藤英夫のカードマジック研究報告さんのグーグルトリックのアドレスからディレクトリを遡って見つけたもの。
紹介されているグーグルトリックによるカード当ても面白いので是非お試し下さい。
尚、偽グーグルページのアドレスは下記の方が楽だと思います。
 ・http://www.ipolygraph.com/google/images.html
アドレスバーは予め表示しないように設定しておくとよいでしょう。

2008年06月22日

Cloverfield

Cloverfield Monster HIDDEN IMAGE!

映画『クローバーフィールド/HAKAISHA』のポスターは隠し絵になっている、というのがリンク先の動画の内容。
先にこちらの大きな画像をご覧になって探してもらうのも一興かも。

意図的に作られたものなのでしょうか?
それとも偶然なのでしょうか?

< 本日のコネタ >
赤青メガネ不用の3Dスクリーン。
 ・HoloVizio - Star Wars
情報元はGizmodo Japanさん。

2008年06月23日

π=3

Oops

「円周率は3だったんだよ!!」
「な、なんだってー!!」

しばらく前に話題になった円周率は3ですが、文部科学省は実は正しかったのです。
私は数十年も間違えて覚えていました。

< 本日のコネタ >
ついでに円周率ネタ。
 ・イギリスで最も難解といわれたクロップサークル(ミステリーサークル)に込められた暗号を読み解いた天文物理学者

尚、ミステリー・サークルは人為的なイタズラによるものという説がありますが、そんな事はありません。
宇宙人によって作られたものです。
 ・証明1
 ・証明2

2008年06月24日

Business Design Technology

Business Design Technology

「BUSINESS」、「DESIGN」、「TECHNOLOGY」のコマををそれぞれの文字色と同じ色のマスへ移動させましょう。
コマの移動にはカーソルキーを使いますが、すべてのコマは同時に動きます。
壁を上手に使うのがコツです。
パズル慣れしている方は、最小手数に挑戦しましょう。

< 本日のコネタ >
これは見事。
 ・人馬合体

2008年06月25日

流血マジック

Barry and Stuart - Suicide in C Sharp

血が苦手な方はご覧にならないで下さい。
動画はイギリスの二人組マジシャン、Barry and Stuartによる流血マジックです。
腕を弦に見立ててナイフをヴァイオリンの弓のごとく・・・。
情報元はみずほN◇MIZUHO(N)さん。

< 本日のコネタ >
こちらはカミソリの刃です。(同じく微グロ注意)
 ・Razor test effect
ザイーガさんより。

2008年06月26日

ドロステ効果

The Droste Effect

その昔、モコモコアイスという商品がありました。(正式名称は「森永マジックアイス」らしい)
 ・昭和40年代、モコモコアイス・・・
 ・25年くらい前のお菓子の名前
不思議なアイスでしたが、パッケージの画像も大変ユニークなものでした。
女の子がそのアイスを見ている構図だったのです。
その画像の中のアイスにはまた女の子とアイスが表示されていて、さらにそのアイスには・・・。
どこまでいっても終わりません。

このような技法をDroste effect(ドロステ効果)と呼びます。
オランダのチョコレートメーカー、ドロステのココアのパッケージに使用されたことから名づけられたそうです。
大きな画像はこちら
上記の動画はそれをアニメーションにしたもの。
尚、こちらのサイトの下部にドロステ効果を使った動画が沢山あります。

< 本日のコネタ >
タイトルは「∞」(無限)だそうです。


お楽しみ下さい。

2008年06月27日

Marbly

Marbly

盤上から全てのボールを消すのが目的。
縦横斜めに同色のボールを並べましょう。
3つ以上並べると消えます。(消えない場合は移動できません)
やる度に配列が変わるようなので、何度でも楽しめます。
情報元は楽風呂さん。

< 本日のコネタ >
これは・・・。
 ・カービーが裏返しにされる画像ください!
TBNさんより。

2008年06月28日

隠し絵ギャラリー

隠し絵ミステリー リクとヨハン ~消えた2枚の絵~

7月3日にニンテンドーDS用の「隠し絵ミステリー リクとヨハン ~消えた2枚の絵~」が発売されます。
公式サイトでは隠し絵ギャラリーが公開されました。(サムネイル画像のリンク先参照)

7つの作品のうち、1つを除いて草地元氏の隠し絵です。
氏のホームページでも多数の作品を紹介されていらっしゃいます。
 ・かくし絵

尚、DSゲームの体験版はこちらから遊べます。

< 本日のコネタ >
何が隠れているでしょう?
 ・こんなところに・・・(その5)

2008年06月29日

水飲み鳥

Water drinking bird (peaceful bird) - 水飲み鳥(平和鳥ハッピーバード)

先日ニコニコ動画で水飲み鳥の動画を見つけました。(今は削除されています)
「はじめてみた」とのコメントがあり、ちょっと驚かされました。
でも考えてみると最近はネット以外では売っているのを見たことがないので、仕方がないのかもしれません。

仕組みや原理などは下記をどうぞ。
 ・水飲み鳥

上記の他にこちらのようなタイプもありますが、身近な材料で作る事もできます。
 ・水飲み鳥を作ろう

< 本日のコネタ >
すなあじさんより、CDの作り方だそうです。
 ・How Things Are Made - CDs
大変な手間がかかっていることがよくわかりますね。

2008年06月30日

Chopsticks Chopped With a Dollar

Chopsticks Chopped With a Dollar

水の入った洗面器の中に片方の拳を入れてそのまま持ち上げるという技をテレビで見たことがあります。
気功だか拳法だかの達人という解説付きでした。
手の中に吸盤を隠し持っていれば誰でもできるのですけれどね。

動画は紙幣で箸を折るというもの。
情報元のつぶやき小屋さんが正解を書いていらっしゃいます。

< 本日のコネタ >
カードのリンキング現象はいろいろな演じ方がありますが、これはかなり派手です。
 ・Chain Reaction by Andrew Mayne - DVD