« 仕掛け花火ジェネレータ | メイン | Open Doors »

ヒューストン

私が子供の頃「ヒューストン」という玩具がありました。
ロープの一端を持って振ると中央に結び目ができるのです。
60センチぐらいの太めのロープで、片端にはおもりとして大きめのスーパーボールのようなものがついていたと記憶しています。
検索したらやっと一件だけ見つかりました。
 ・「ヒューストン」というおもちゃも傑作です

実は「ヒューストン」が販売される以前に、おもりの無いロープで結び目を作るのを見せてくれた方がいます。
浪曲マジックで有名な布目貫一氏です。
練習中だそうで10回に1度ぐらいしか成功しませんでしたが。
今思うと当時のマジシャンの間で流行っていたのかもしれません。

マジックをやられる方はロープぐらいお持ちでしょうから試してみてください。
おもりをつけるのは面倒なので、結び目を沢山作れば十分でしょう。
コツをつかむまでが大変だと思います。
尚、ご存知ない方もいらっしゃると思いますがマジックで使うロープは手芸洋品店等で手に入ります。

< 本日のコネタ >
ご存知の方には懐かしい早野凡平氏の芸。
 ・BONPEI HAYANO, Japan's famous street performer

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://misdirection.oops.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/912

コメント (5)

軟手固っ体:

私もこどもの頃やっていましたが、「ヒューストン」というおもちゃが売られていたのですね。知りませんでした。私はヒモに50円玉を結んでやっていました。
(どうやってその遊びを知ったのかは覚えていません)
その後いろいろ研究し、相当高い確率で成功できるまでになりました。
(その研究熱心さが学業に生かされれば、今頃もっと高給取りになっていたことでしょう)

管理人:

軟手固っ体様、いつもありがとうございます。
「ヒューストン」はテレビCMもやっていたのですが、東京12チャンネル(テレビ東京)だけだったかもしれません。
>私はヒモに50円玉を結んでやっていました
これは知りませんでした。
もしかしたら古い遊びなのでしょうか?
「アメリカからやってきた」という触れ込みだったのですが、違うのかもしれませんね。
「ヒューストン」は専用の玩具だったこともあり、一度コツをつかんでしまえば、ほぼ100%成功しました。

こんなおもちゃがあったのですね。
リンク先の画像を見て、製造元が「クローバー」というのにちょっとびっくり。「ガンダム」のメインスポンサーだったメーカーぢゃありませんか。
普通のロープで結び目を作るのはスピリット百瀬師もよく演じられていますね。

管理人:

日曜手品師様もご存知ないのでしたら、CMはやはり関東地区だけだったようですね。
>普通のロープで結び目を作るのはスピリット百瀬師もよく演じられていますね。
スピリット百瀬氏も出来るのですか!
おもりが無いと格段に難しくなり、私はまぐれでしか出来ませんでした。

?????? (- MISDIRECTION (?????????) -) 私が探していたものです。情報をありがとうございました。

コメントを投稿