« 2007年12月 | メイン | 2008年02月 »

2008年01月 アーカイブ

2008年01月01日

ネズミの騙し絵

人かたまって人になる 歌川国芳

新年おめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

さて、今年の干支は「子」(正確には戊子)なのでネズミを使った騙し絵から始めたいと思います。
リンク先の一番下の画像は歌川国芳の「年が寄っても若い人だ」。
十二支による寄せ絵ですが、全て見つけられるでしょうか?
こちらにヒントがあります。

下記2つもネズミの騙し絵です。
 ・ネコかネズミか?
 ・ライオンかネズミか?

< 本日のコネタ >
こちらに「2008」のアンビグラムがありました。
尚、2005から2008までのアンビグラムが下の方にあります。
 ・Ambigrams

2008年01月02日

ハンカチネズミ

The Magic Mouse

ネズミ年なのでハンカチネズミを。
おしぼりアートの時にもちょっと紹介したのですが、動画はなかったので・・・。
作り方や動かし方はこちらこちらも参考になると思います。
スクイーカー(押すと音が鳴るギミック)を使うとリアル感が増すかも。
尚、オンラインショップで『スクイーカー アイデア集(本体付)』も販売していますが、ただ今休業中。(汗

< 本日のコネタ >
先日公開された、シリーズ三作目。
下手するとネットでは本人より有名かも。
 ・David Blaine Street Magic Part 3
お好きな方はPart 1Part 2もどうぞ。

2008年01月03日

チューチューロケット

チューチューロケット!

今回はネズミのパズルゲームです。
矢印パネルをクリックで配置してチューチュー(ネズミ)を全てロケットまで導きましょう。
図の丸いのがロケットです。
カプカプ(猫)がいる面は、チューチューと出くわさないようにしなければなりません。
Enterキーでスタート、スペースキーでキャンセルです。
尚、チューチューとカプカプは直進しますが、角に当たるとその方向へ、壁に当たると右へ曲がる習性があります。

2008年01月04日

ロードローラーだッ!

Criss Angel Gets Run Over By A Bulldozer In Vegas On A Bed Of Gl Video

ロードローラーが局所的に流行りつつあるので、以前ボツにしたネタを引っ張り出してきました。
動画はクリス・エンジェル氏によるJOJOゴッコです。
良い子は真似をしないようにね!

鏡音リンの得物がロードローラーに決まったようなので、名曲(迷曲)が続々誕生中!
 ・【鏡音リンオリジナル】ロードローラー音頭
 ・【鏡音リン】逆襲のロードローラー 【オリジナルソング】
 ・【VOCALOID2オリジナル】ロードローラーのウタ【実物版】
 ・【鏡音リン】ぶっちぎりにしてあげる♪【ロードローラー最速伝説】
 ・ろーどろーらーろけんろー
 ・【鏡音リン】ろーどろーらーで轢いてあげる♪【ねちょぐしゃ】

< 本日のコネタ >
ついでにYouTubeから「ボーカロイド曲選」。
 ・鏡音リンと初音ミクが『恋のバカンス』を歌いました
 ・VOCALOID2 鏡音リン 鏡音レン 初音ミク 帰ってきたウルトラマン
 ・【完全版】初音ミクのそばかす
 ・【MEIKO】三十路岬 VOCALOID ver.(STEREO)
 ・【VOCALOID】MEIKOとKAITOとANNの「翼をください」
 ・初音ミクに石嶺聡子の「花」を歌わせてみた
 ・鏡音リン・レン、初音ミクによる四声合唱「小さい秋みつけた」(STEREO)

2008年01月05日

不思議が楽しいオモチャの博物館

不思議が楽しいオモチャの博物館 0200 ぱたぱた

ちょっと変わった「ぱたぱた」です。
 ・パタパタの作り方
同様の原理を使った財布もありますね。(こちら
情報元のはっぴぺ通信2さんでは他にも楽しいオモチャの動画を紹介されています。
全部の動画をご覧になりたい方はこちらをどうぞ。(全部で3ページあります)

< 本日のコネタ >
確かに募金をしたくなるかも。
 ・やみつき募金箱♪

2008年01月06日

David Stone

Sponge balls de David Stone

デビッド・ストーン氏のスポンジボールの手順です。
氏本人の動画が見つからなかったのが残念。
とはいえ、動画の方もかなり上手です。
まだ練習した事がないのですが、素敵なルーティーンなのでいつかは演じてみたいもの。

< 本日のコネタ >
こちらは本人による楽しいCM(?)
 ・David Stone
なぜポッキーがMIKADOという商品名なのかはこちらこちらを参照。

2008年01月07日

Colliso Puzzles

Colliso Puzzles

盤上の全てのタイルを消すパズルゲームです。
先ずはテキストボックスに任意の名前を入力してPlay!をクリックしましょう。

タイルを「同じマーク」で「同色」のタイルにぶつけると両方のタイルが消えます。
これだけならば似たようなゲームもあるのですが、ちょっと変わったルールがあります。
タイルに異なる色のタイルをぶつけると、双方の色が入れ替わってしまうのです!

< 本日のコネタ >
どう解釈すべきでしょう?
 ・あるwebデザイナーの告白
情報元はなおみんさん。

2008年01月08日

メルツェルの将棋差し

Chess Robot The Turk

The Turk(トルコ人)のレプリカが近年製作されていたことを知って驚きました。
本物は1854年に火事で消失しているからです。
 ・Von Kempelen's Chess Turk recreated

Turkは「メルツェルの将棋指し」として知られている、200年ほど前の自動チェス人形です。
発明したのはケンプレン(Kempelen)男爵ですが、その後買い取ったメルツェル(Maelzel)によって見世物興行として有名になりました。
この自動人形は大変チェスが強く、ナポレオンやベンジャミン・フランクリンにも勝ったそう。
ちなみに興行主のメルツェルはベートーベンのために補聴器を作ったり、メトロノームの特許を取ったりしている人物です。(メトロノームの発明者は別人らしい)

自動人形を怪しむ人のために、メルツェルは事前に人形の「あらため」も行っています。
それでも当時、ロベール・ウーダンは両脚切断者の存在を疑い、エドガー・アラン・ポーは著書『メルツェルの将棋差し』で詳細に推理を展開しています。
もちろん巧妙な手段で中に人間が隠れていた訳ですが、今の技術ならば本物の自動チェス人形が出来そうな気がします。

< 本日のコネタ >
予言マジックに使ったら面白そう。
 ・Toy of name "Hand of destining" - 「運命の手」が指差す恐怖。
ひろぶろさんより。

2008年01月09日

3414 + 340 + 74813

Solo funciona en el Espejo

3414 + 340 + 74813 = 43374813 ?
あまりにおかしな計算ですが、これはこれで合っているのです。
さて何故でしょう?

Ambigram Laboratoryさんならばこれの日本語版を作ってしまうかも、などと思いながら同サイトを覗きましたら、面白いものを発見!
2008年1月9日の記事をご覧下さい。
「あなたは姉派?妹派? どちらか好きなほうを念じるべし。」だそうです。
大予言と同じ原理ですね。

< 本日のコネタ >
何とDragon Illusionの型紙が8種類も!
 ・Gathering for gardner-ilusion optica
もちろんありがたく全種類保存させて頂きました。

2008年01月10日

Stone Sour

Stone Sour - Through Glass

ストーン・サワーというバンドのPV。
最初の一分程は特に何も起こりませんが、後のためにしっかり見ておくと面白いです。
これ以上はネタバレになりそうなので説明は控えます。
多分何ヶ所かで驚くことになるでしょう。

< 本日のコネタ >
道路が唄う?
 ・MELODY ROAD
ギズモード・ジャパンさんより。

2008年01月11日

Full Hex

Full Hex

白丸からスタートして黒丸以外の全ての六角形を通り抜けてください。
ただし一度通ったところは通れません。
アンドゥー機能が無いのがつらいところ。
でも本当に難しいのはレベル11から。

< 本日のコネタ >
普通のジグソーパズルでは物足りない方のために。
 ・ジグソーパズルのジグソーパズル

2008年01月12日

Rings

Rings

中央からリングが射出されます。
マウスでそれを上から小さい順に並べて消しましょう。
黄青で250点、黄青赤で500点、黄青赤緑で1000点です。
ハノイの塔と一緒で小さいリングの上に大きいリングは置けません。
尚、中央のリングをクリックすると早く射出されます。

< 宣伝 >
パズル4Uで紹介した「4U」をオンライン・ショップで販売させて頂くことになりました。
kohfuh様、ありがとうございます。

2008年01月13日

錯覚の有効活用

THE WONDER OF WONDERBRA

私がTri-zonal Space Warperを初めて知ったのは坂根厳夫氏の『新・遊びの博物誌』でしたから、少なくとも20年は経つわけです。
商品も持っていますし、FLASHや動画も沢山見てきました。
でもこのアイデアには考えが及びませんでした。
素直に脱帽です。
是非リンク先の動画をご覧下さい。(ビックリ系ではありませんのでご安心を!)

< 本日のコネタ >
オプティカル・イリュージョン・クイズです。
全部で20問。(ただし英語)
 ・The Optical Illusion Quiz
易しすぎ?

2008年01月14日

伊藤一葉

民衆に捧げるバラード 伊藤一葉

意外なものを見つけてしまいました。
コメディマジシャンの伊藤一葉氏が歌っています!
氏がレコードを出していたとは知りませんでした。
記憶に残っていないだけかもしれませんが。
それにしても当時の世相が良く出ている歌ですね。

氏をご存じない方は日曜手品師氏の手品ができる本が参考になります。
尚、写真が氏の唯一の弟子である伊藤夢葉氏のサイトこちらにありました。

氏に関するトリビア的なもの。
樋口一葉から名前を採った!?
 ・本日のお題は「本を探す」
ふじいあきら氏がマジシャンになるきっかけとなった人
 ・ふじいあきら interview

< 本日のコネタ >
Come On And Loveでユリ・ゲラーのヒーリング・ミュージックを紹介しました。
その時は気づかなかったのですが、YouTubeに沢山アップされていたのですね。(日本語で検索すれば良かった・・・ orz)
 ・ユリゲラー ♪カモン・アンド・ラヴ
 ・ユリゲラー ♪ヴェルヴェット・スペース
 ・ユリゲラー ♪想像を越えて
 ・ユリゲラー ♪その日
 ・ユリゲラー ♪本当にお答えできないのです
 ・ユリゲラー ♪この孤独なる人
 ・ユリゲラー ♪我が子
 ・ユリゲラー ♪ムード
「ムード」を聴くとあなたもスプーンが曲げられるかも。(笑

2008年01月15日

filler

filler

ボールで画面内の2/3を埋める事が目標。
マウスクリックでボールが生まれます。
マウスボタンから指を離すか、前に作ったボールに触れると成長が止まります。
ボールの成長中に動いている小さいボールに触れるとライフが減るので注意しましょう。
ライフがゼロになるか、規定のボール数を作り終えてしまうとゲームオーバー。
ライフ数と規定のボール数は画面の右上をご覧下さい。
今のところレベル18までしかクリアできません。(><)

< 本日のコネタ >
意外と難しい。
 ・間違いじゃない探し

2008年01月16日

Margaret Thatcher illusion

The Margaret Thatcher Illusion

今回はサッチャー錯視です。
左はサッチャー元首相の画像を単に逆さにしたもの。
右の画像も同じく逆さにしたものですが、目と口だけは切り張りして正常位にしてあります。
多少違和感はあるものの、これでも本人と認識できると思います。
でも、この右の画像を逆さにしてみると驚かれるのではないでしょうか?
この錯視についてはsasapong!!さんの解説がわかりやすいでしょう。

何故今更サッチャー錯視を紹介するのかというと、下記サイトを見つけたからです。
 ・Inverted Celebrities pictures
有名人の顔をPhotoshopでサッチャー錯視に加工した画像がたくさんあります。
物凄い顔の方が多いのですが、画像を逆さにすると大して違和感を感じません。
個人的にはハリーポッターが気に入りました。

< 本日のコネタ >
ショートカットキーは良く使うのですが、これは知りませんでした。(情報Goonie!さん)
 ・CtrlとALTと↓を同時押ししてみると・・・・・・
一読したら、上で紹介したサッチャー錯視で試してみましょう。

2008年01月17日

1本の輪ゴムで星を3つ

How To Make 3 STARS With 1 Rubber Band?

輪ゴムのあやとりで1本の輪ゴムを使って星を2つ作る方法を紹介しました。
今回はそれの発展バージョンで星を3つ作りましょう。

折径(内周の半分の長さ)80㎜の輪ゴムで作りましたが、かなり厳しいです。
できる限り大きめの輪ゴムを用意しましょう。
情報元がありましたが、URLアドレスを控えるのを忘れました。(汗

< 本日のコネタ >
ポップアップカードを簡単に作成できるソフトだそうです。
 ・ポップアップカードデザイナー
IDEA*IDEAさんより。

2008年01月18日

パイナップル

Vanishing Pineapple

ほとんどの方がご存知だと思われる「紙玉のコメディ」。
いくらなんでも「パイナップル」を消すのは無理があるから、缶詰か(フェイクの)手榴弾でも使うのだろうと考えていましたら・・・。
続きは映像をご覧下さい。

尚、スライディーニ氏による「紙玉のコメディはこちら
未見のマジックファンは必見です。

< 本日のコネタ >
まるでショート・ショートのような・・・。
 ・こちら
情報元のHey presto!さんにならってタイトルを伏せてみました。

2008年01月19日

Photoshop Illusions

Illusions

Photoshopによって作られたオプティカル・イリュージョン。
古典的な錯視の他にM.C. Escher、Sandro del Prete、Octavio Ocampo、Rob Gonsalves等の作品へのオマージュと思われるものが多数あります。(全部で3ページ)
元ネタを推理してみてはいかがでしょう?

< 本日のコネタ >
ネタとしては面白いかも。
 ・うねうね動く 脳トレ消しゴム
I'm boredさんより。

2008年01月20日

Previously

Previously

ユニークなアイデアのショートムービーです。
ネタバラシになりそうなのでこれ以上は書けません。
じっくりと御鑑賞ください。
見終わった方のみこちらもどうぞ。
情報元はpya!さん。

< 本日のコネタ >
これも先入観なしに見て頂きたいので説明を省きます。
 ・EVOL
Gari@Suta-GUTIさんより。

2008年01月21日

Unshuffled

Unshuffled

ポール・ガートナー氏考案のUnshuffled。(何の絵になるのかな?のコメント欄でクラパス様にこのマジックのタイトルを教えて頂きました。)
私が初めて見たのは30年程前のマジック番組だったと思いますが、未だに演じた事がありません。(汗
基本的にパーフェクト・フェイロ・シャッフルさえ出来れば良いので、ある意味易しいマジックなのですが。

このマジックを取り上げたのは、先日しごと・あそびごと・ひとりごとさんで面白い記事を見つけたからです。
2008.01.14 (月) シャッフルから2008.01.18 (金) シャッフル3までをご覧下さい。
プログラムと周期表まであるので、もしかしたら数理トリックに使えるかも。
また、2007年12月にはダウン・アンダーの記事があります。(記事内では「継子立て」)
ただし、ダウンの際にフェイス・アップで置く仕様になっているのでマジックには使いづらいかもしれません。

8回のパーフェクト・フェイロ・シャッフルで元の配列に戻す映像とテーブル上で行うパーフェクト・フェイロ・シャッフルの映像もどうぞ。

< 本日のコネタ >
「内臓が透視できる」のならば服を脱がせる必要はないのでは。(笑
 ・「透視できる」とわいせつ行為…祈とう師を逮捕

2008年01月22日

Hex Vex

Hex Vex

六角形のタイルを同色のマスへと移動させるパズルゲームです。
任意のタイルをクリックすると矢印が表示されるので、移動させたい方向の矢印をクリック。
するとタイルは矢印の方向に直進します。
他のタイルにぶつからない限り、途中で止まることはありません。
全部で18ステージ。

< 本日のコネタ >
タイトルまんまのパズルです。
 ・ピタゴラスパズル

2008年01月23日

Fill A Photo With More Photos

Fill A Photo With More Photos

Photoshopのチュートリアルで面白いものを見つけました。
リンク先をご覧下さい。(全部で5ページ)
英語ですが画像が多いので問題ないかと思います。
要約すると、メインとなる画像とパターンとなるモノクロ画像を用意してレイヤーでオーバーレイ処理を施す、といった感じでしょうか?

見ているうちに「モナリザ」の自己相似形を思い出し、私もPhotoshopでモナリザに挑戦しました。(こちら

レイヤーに対応していれば、Photoshop以外のペイントソフトでも可能だと思います。
 ・AzPainter

< 本日のコネタ >
「 -1 = e^iπ 」には驚くべき秘密が隠されていた!
 ・301年たつ前に

2008年01月24日

からくり貯金箱

コインコロン

自分で仕掛けを配置できる、ピタゴラ装置(ルーブ・ゴールドバーグ・マシン)のような貯金箱。
コインを入れると種別毎に異なったルートを通ってそれぞれのコインポットに保管されます。
詳しくは下記をどうぞ。
 ・コロンとコロがし自動振り分け、組み立て式貯金装置 コインコロン
 ・08年の貯金始めは、自分の手で組み立てるコイン分類式からくり貯金箱で

< 本日のコネタ >
ユニークなウェディングリング。
 ・その1
 ・その2
 ・その3

2008年01月25日

Cialis

写真は雑誌の付録CDのようです。
でもこのCDにはちょっとした仕掛けが・・・。(リンク先をご覧下さい)

カード・マジックがお好きな方ならご存知かと思いますが、このアイデアが使われているパケット・トリックがあります。(こちら
やり方を説明する訳にはいきませんが、ちょっとしたジョーク・マジックです。
私自身は演じた事がないのですが、人によってはかなりウケるとの事。

尚、女性版の「テエロホンカード」という商品もあります。
 ・めちゃうけテエロホンカード

< 本日のコネタ >
『らき☆すた』というアニメの「こなた」(女子高生らしい)のファンサービス・シーンでお楽しみを!
 ・Lucky Star - Konata's Fanservice
詳しくはこなたのファンサービス映像に外人たちが唖然・騒然 YOUTUBE動画をどうぞ。
情報元を失念しました。

2008年01月26日

TNT Runner

TNT Runner

カーソルキーで移動し、ゴールのマンホール(?)を目指してください。
ただしマップのあちこちに時限発火装置付きの爆弾があります。
タイマーは1歩進む毎に1つ減るので、良く考えてルートを選びましょう。
尚、爆弾をマウスオーバーすると、その爆弾の爆発範囲がわかります。
最初は制限時間のない「FREE PLAY」を選んだ方がいいかも。

< 本日のコネタ >
上級を4000回以上やってますが、残念ながら(?)未経験です。
 ・スパイダー

2008年01月27日

チェーン

Fast and Loose

「Loopy Loop」、「Chain of Chance」、「Endless Chain」などとも呼ばれる、古くからあるコン・ゲーム。
相手にチェーンで作った8の字の一方を選ばせ、指を入れてもらいます。
チェーンを引いて相手の指にチェーンが絡んだら客の勝ちというゲーム。
普通にやれば確率は五分五分。
でも実際はイカサマでどちらを選んでも必ず指から外れるようになっています。
要は8の字の作り方が異なるのですが、どちらも相手には同じように見えなければなりません。
方法は実に沢山あります。
(リンク先は英語ですがわりと詳しく解説されています)
私は小学生の頃に教えてもらったのですが、演出がわからずに未だに演じたことがありません。
勉強不足ですね。(汗

 ・エンドレスチェーン
 ・Loopy Loop
 ・Fast and Loose

< 本日のコネタ >
リングとチェーンを使うマジック(パズル?)です。
 ・Real-Hustle - The Chain and Loop
 ・Ring Through the Chain

2008年01月28日

ゴジンタボックス

Simon Pierro's Kistentrick

動画の冒頭でSimon Pierro氏が持っているのはルーバー・フィドラー氏が考案した「ゴジンタボックス」です。
赤い箱を開けると中には青い箱が入っています。
でも青い箱の中に赤い箱を収納することも可能です!?

そんな不思議なゴジンタボックスを折り紙で作ってみましょう。
 ・Inside-Outside BOX
同色の折り紙が2枚づつ、計4枚が必要。
長方形にカットしなければなりませんが、3:4のサイズが良いようです。
内箱は外箱より3~5ミリ程小さいサイズの紙を使いましょう。(折り紙のサイズにもよりますが)
折り目をキッチリつけるのがポイントです。
割と良く出来ているので、是非お試し下さい。
尚、オンラインショップでもゴジンタボックスを販売していますのでよろしくお願いします。(宣伝)

今思いついたのですが、大きめの紅白ボックスを使えば結婚式用のマジックになるのでは!
「新郎は大きな包容力で新婦を包み込む事が大事です。また新婦も・・・」なんて。

< 本日のコネタ >
トイレットペーパーの三角折りは良く知られていますが・・・。
 ・Toilet Paper Origami
折り方も載っています。

2008年01月29日

Francis Tabary - part1

Francis Tabary - Rope Magic (FISM Act)

フランシス・タバリ氏によるロープマジックです。
ロープだけでこれほど不思議な現象を起こせるとは見事なもの。
ところどころは検討見当つくのですが、他はさっぱりわかりません。(汗
マジェイア氏のRope Cutでも氏について触れています。

< 本日のコネタ >
ごく普通の「フローティング・ビル」ですが、きっとあなたはマジックに集中できないでしょう。
 ・こちら

2008年01月30日

Francis Tabary - part2

Francis TAVARY

昨日紹介したフランシス・タバリ氏はマジシャンだけではなく、素晴しいアーティストでもあります。
リンク先の「Sculptures Impossibles」をご覧下さい。
有名な不可能図形をことごとく立体化しています。
また「Sculptures Ambigrammes」では、アンビグラムを用いた素敵な彫刻がご覧になれます。
マジックとオプティカル・イリュージョンの分野で功績をあげるとは、まるでジェリー・アンドラス氏みたいな方ですね。

< 本日のコネタ >
説明は不用でしょう。
 ・ガーターベルト?

2008年01月31日

Olla Podrida PLEXUS Puzzle

Olla Podrida PLEXUS Puzzle

ちょっと変わったジグソーパズル。
各ピースがそれぞれ独立した絵になっています。
絵に惑わされるので、ピース数の割りには苦労しました。
移動はマウスドラッグ、回転はカーソルキーで。

< 本日のコネタ >
これは傑作かも。
 ・一匹のライオン