« フーディーニのMUSICとMOVIE | メイン | Optical Illusion Mirror Art Toys »

Origami Formula1Flag

Paladino and his magic illusion "Origami Formula1Flag"

Conjunctionと同じ現象のマジックです。
が、こちらの方が一般向けでしょう。(Conjunctionはマニア向けだと私は思います)
このマジックは折り紙の本に載っていると以前聞いた事があるのですが、未だに見つける事が出来ません。
もしかしたら、かつがれたのかも?
タネは検討つくのですが、もし本当ならば手に入れたいものです。

< 本日のコネタ >
これはどうなっているのでしょう?
 ・[Origami modular] XOR
こちらの方の作品のようです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://misdirection.oops.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/776

コメント (7)

とひ:

小峰勲さんの「切り紙リング」として、ニューヨークマジックシンポジウムに載っていますが、折り紙の本に、というのは初耳です。(かつて根本さんのお店で、海外の人のクレジットがついて販売されていましたが、こちらがオリジナルだそうです。)

マリックさんも紅白で作って売ってたような。

昔国内のショップで売られていたものの解説書をひっぱり出してみましたが、「小峰氏の原案をOAMCの井上氏が改良した切り紙である。同クラブの赤松氏の案で市松模様にしたことにより、タネの部分が全々見えなくなった」と書かれています。赤松氏というのは赤松洋一氏のことかな?
現在でも、コピーと思しき商品がDPから「寿リング」の商品名で発売されています。

管理人:

とひ様、情報ありがとうございます。
この動画を見た時、どうも憶えがある気がしてパズルやマジックの本を捜したのですが見つからずじまいでした。
『ニューヨークマジックシンポジウム』は完全に盲点!
実は持っています。(汗
コメントを読んで急いで確認しました。
折り紙の本の記憶があったため、気のせいだとばかり・・・。
(折り紙の本の方が記憶違いかも)
お恥ずかしい。

日曜手品師様、わざわざお調べ頂きましてありがとうございます。
なるほど、原案は市松模様ではなかったのですね。
確かに市松模様の方が切る時もわかり易いし、切るために市松模様にしたと思わせることもできますね。

tom:

マリックの紅白のやつ、何度か人前で演じてみたことがあります。

これって、パズル好きにはたまらないようですが、何故か一般受けはしないみたい(苦笑)

ふ~ん。ってかんじみたいですね。

面白いアイデアです♪

管理人:

すでにtom様は演じていらしたのですね。
>何故か一般受けはしないみたい
現象としては地味だからでしょうか!?
以前、カードウォープを演じて不思議がらない人がいて驚いた事があります。
タネに気づいたわけでも知っていたわけでもないのに。

お世話になります。とても良い記事ですね。

I just want to say I am just new to blogs and honestly liked you're blog site. Most likely I’m planning to bookmark your blog post . You definitely have tremendous well written articles. Thank you for sharing your blog.

コメントを投稿