« A4用紙でCDケース | メイン | 四つ玉 »

ロベール・ウーダン

ROBERT-HOUDIN, Une vie de Magicien / A Magician's Life

ジャケ・ドローの後、精巧なオートマタを使って興行を成功させたのが、近代奇術の父であるロベール・ウーダンです。
マジックファンにはおなじみの名前でしょう。
彼もジャケ・ドローと同じく時計職人でした。
リンク先の動画は、当時の書物を参考にして再現されたものだと思われます。
彼が操るオートマタにはこちらのように中で人間が操っていたものもあったそう。
動画に出てくる「Le pâtissier du Palais royal」(パレ・ロワイヤルの菓子屋)もその一つです。
そして彼のマジックの中で最も人気があったのが、自身が考案した人体浮揚。
現代でも形を変えて演じられていますが、基本原理は同じです。
このトリックは高木重朗氏の『大魔術の歴史』で詳しく解説されています。

< 雑 記 >
ようじマジック?!
ちょっと欲しいかも。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://misdirection.oops.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/487

コメント (4)

雑記で紹介されていた爪楊枝入れ。ALESSI(アレッシイ)というイタリアのメーカーから発売されている物です。これずーっと欲しいと思っているのですが、爪楊枝入れに¥5250出す気にはなれず、見かける度に我慢して今に至っています。(笑)黒いシルクハットのやつ欲しいなぁ。
参考までに→ http://store.yahoo.co.jp/cds-r/alessi-a1d51.html

管理人:

jpmagic様、情報ありがとうございます。
リンク先、早速拝見させて頂きました。
それにしても高いですよね。
>黒いシルクハットのやつ欲しいなぁ。
同感です。
やはりシルクハットは黒でなければ。

E1d2AQ I loved your post. Awesome.

gucci sunglasses aviators ロベール・ウーダン (- MISDIRECTION (ミスディレクション) -)

コメントを投稿