« 2006年06月 | メイン | 2006年08月 »

2006年07月 アーカイブ

2006年07月01日

モノポリー

億万長者ごっこ

五感てきブログ +Happy Life+さんで見つけた、簡易版モノポリーです。

モノポリーはある程度の人数と時間が必要ですが、これなら手軽に楽しめます。
未経験者がおおまかなルールを憶えるのにも役立つ事と思います。(ゲームの下にルール説明があります)
他のプレーヤー(コンピュータ)と交渉ができないのが難点ではありますが。

ちなみにモノポリーの駒の一つであるこれをシンブル(西洋指貫)であると知っている方は、マジシャンである可能性大。
このブログを見ている方は知っている率がかなり高そうですけれど。

< 備 考 >
モノポリーのゲーム用紙幣がこちらからPDF形式にてダウンロードできます。

2006年07月02日

Optical illusions, eyetricks and visual effects

11 white tigers

ジークフリード&ロイもビックリのホワイトタイガーのかくし絵です。
解説によると15匹以上の動物が隠れているそうですが…。
私にはそんなに見つける事が出来ませんでした。

トップページはこちらで、2235枚もの「optical illusion」があります。

Impossible objects 425枚
Color illusions 136枚
Visual distortions 136枚
Images recognition 238枚
Ambiguous images 378枚
Movements illusions 212枚
Size preception 36枚
Upside-down 95枚
Deep perceptionUpside-down 81枚
Funny pictures 116枚
3D-images, stereograms 382枚

珍しいものもあるのですが、とにかくあまりの量に圧倒されます。

2006年07月03日

ロック・ピッキング

Lock Picking

左手でテンションレンチ、右手でレーキングツールを操って錠を開けるピッキングです。
私がピッキング・ツールを購入したのは、ニューヨークマジックシンポジウム東京大会だったと思います。
初めて見るピッキング・ツールに感激して衝動買い。
その時は知らなかったのですが、マジシャン向けのセットのため、本当に最低限の道具しか入ってませんでした。
開けられるのは簡単な南京錠、ロッカー、引き出しの鍵程度。
少し複雑な鍵や鍵穴の小さい錠前は無理なようでした。

ピッキングはパズルを解くのとは違った面白さがあります。
ガリガリやるレーキングより、手の感覚のみで1本1本ピンを外していくピッキングの方がより面白く、ほとんど自動で開錠できるピッキング・ガンなどもってのほか。
ピッキングが手段でなくて目的なのですから。
犯罪防止のためとはいえ、ピッキング・ツールが購入できなくなったのは大変残念です。

2006年07月04日

タントリックス

Tantrix

タントリックスです。
すべて同じ色の線でつながるようにタイルを並べていくパズル。
詳しいルールはこちらをどうぞ。
3種類の問題がありますが、最初は1番のDiscoveryを選ぶのが無難です。
objective(目的)の支持どおりの色の輪を作って下さい。
最初は3枚のみですが、レベルが上がるにしたがってタイルが増えていきます。
現在レベル8終了。

2006年07月05日

輪ゴムのあやとり

Learning the 666Star

輪ゴムを使ったあやとりです。
1本の輪ゴムが、十字や星印へと次々に変化!
作り方をゆっくり見せてくれるので、すぐに覚えられます。

マニア引っ掛けのマジックをふと思いつきました。
相手にスター・ゲイザーだと思わせて、実は1本の輪ゴムだったというのはどうでしょう?
もちろんマニア同士でしか成り立たないマジックですけれど。

続きを読む "輪ゴムのあやとり" »

2006年07月06日

千手観音

MAGIC HANDS

ただでさえ素晴らしい映像なのですが、演じているのが21人の聴覚障害者であることに驚きを禁じ得ません。
どうやってタイミングを合わせているのか、とても不思議です。
以前pya!さんで見たことがあったですが、 こちらの方がサイズも大きく画像が良いので。

動画と同じ様に、2人で4本の腕を使って行うマジックをテレビで見たことがあります。
4本の手で巧みに四ツ玉などを演じていたはず。
斬新なアイデアに思わずヒザを打ったものですが、演者の名前を忘れてしまいました (汗。
覚えている方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

ちなみにカップ・アンド・ボールを4本の手でやったら、どうなるでしょう?

----------------------------------------------------------
SlavSpeedoの管理人様からメールにてご教授頂き、トラックバック等の文字化けを修正できました。 大変助かりました、ありがごうございます。

2006年07月07日

スライドお化け

スライドお化け

窓の開いた封筒より柳が描かれた絵を引っぱり出すと…。
岐阜物理サークル(StrayCats [のらねこ学会])さんの第238回サークル例会より。(ここをリンクして頂いたので知りました)
リンク先の写真を見るとタネが一発でわかりますが、簡単に作れるので大きなサイズで作成すればサロンマジックに使えるかも。
このサイトの例会の記録を覗くと楽しい作品が盛り沢山。
マジックやパズル関係も多いのでお勧めです。

ちなみにスライドお化けとよく似たマジックにテンヨーの印刷機がありますが、タネは全く異なります。(私も持っているのですが、もう使えませんね)
不思議処 からくり庵さんは昔のテンヨー製品を紹介されている貴重なサイトです。

続きを読む "スライドお化け" »

2006年07月08日

building the best

building the best

なにやら英文や数字・数式で難しそうですが、ルールは簡単。
要は「姫」ならぬ「蛙」を救出すればよいのです。
マウスクリックで人間タワーを倒れないように動かし、蛙のところまで届かせればOK!
中央にある危険度メーターを見ながら、カエルを助けてあげましょう。
ザイーガさんより。

2006年07月09日

普通でない知恵の輪

知恵の輪

一見、何の変哲もない知恵の輪。
普通の知恵の輪との違いはリンク先を御覧下さい。
てっきり日本コンダラ製鉄株式会社のようなジョークだと思ったのですが…。
この情報はなーきーだいありーさんで知りました。

ただ、ちょっと簡単そうなので今度はキャストパズルで作って欲しいところ。
きっと筋肉隆々なパズル家が増えることでしょう。

2006年07月10日

かべ紙マンホール

かべ紙マンホール

ある情報を入手したので早めの更新。
まずは動画を御覧下さい。

このマジック、マンガ『ドラえもん』の秘密道具「かべ紙マンホール」にソックリ。
藤子プロ側がアイデア盗用の疑いがあるとして、クリス・エンジェル氏に対し強く抗議の姿勢を示しているとか。
今、関係者の間で大変な話題になっているそうです。
事のいきさつはこちらを御覧下さい。

続きを読む "かべ紙マンホール" »

2006年07月11日

きらめき格子錯視(scintillating grid illusion)

ILLUSION

広告に使われている錯視です。
文字がつぶれていてほとんど読めないのですが、キャッチコピーが気になるところ。
それにしても「きらめき格子錯視」ばかりなのが不思議です。
広告として使いやすいのか、あえて同じ錯視を集めたのか、単なる偶然なのか?
(良く似た錯視に「ヘルマン(ハーマン)格子錯視」があります)

尚、「きらめき格子錯視」を様々にカスタマイズできるFLASHがこちらにあります。

2006年07月12日

背筋が凍った夏

本格的に暑くなってきました。
思わず背筋が凍りつくほど怖い体験談をどうぞ!
特に独り暮らしの方には…。

-------------------------------------------------------------------------------
本当にあった話。

私は大学進学のため、鹿児島から京都へ住まいを移した。
マンションの駐車場横には墓地があったが、特に気にはしなかった。
1年後の夏。
学生生活にも慣れ、夏休みを利用して鹿児島に帰省することにした。
自分の部屋を出るときに違和感を感じたことを覚えている。
が、時間のこともあり、さっさと部屋を後にした。
ふたつきではあったが実家では幸せなひと時をすごせた。
が、そのあと訪れる恐怖を誰が予測できただろう。

続きはこちらから。

< おまけ > 真夜中にチャイムは四度鳴るできそこないβ版さんより)

2006年07月13日

WOGGER

WOGGER

現在、画像のところから先へ進めずに四苦八苦しているところ。
本来なら別のパズルゲームを紹介する予定でしたが、これにハマってしまいました。
基本はマウスクリックです。
やけに蜘蛛が出てくるのですが、製作者の趣味なのか、今後の展開に関係があるのか?

2006年07月14日

リンキング・ラバー・バンド

RUBBERBAND LINK

色違いの二本の輪ゴムを使ったマジックです。
原案は輪ゴムマジックの第一人者であるダン・ハーラン氏だったような…。
やり方も見ればすぐにおわかりになるでしょう。(原案とはだいぶ異なっていますが)
故高木重朗氏から、上記のちょっと変わったバリエーションを教えて頂いた事が懐かしく思い出されます。

2006年07月15日

東京おもちゃショー 2006

本日(7/14)は〓イメージミッション木鏡社様より案内状を頂き、東京おもちゃショー 2006へ行ってきました。
いろいろ見て回ったのですが、テンヨーの新製品が気になる方も多いかと思いますので、簡単に御報告。
小宮賢一氏が実演をしていたのでちょっとビックリ。
今は開発の方にいらっしゃるそうなので実演姿を見るのは本当に久しぶりでした。
新製品の写真を撮ってきたのですが、画像はやめて欲しいとの事。(残念!)

1. お札マジシャン
  これに紙幣を挟むんで、窓から紙幣の顔を出します。
  何と顔が落ちちゃった
2. 魔法のブラックボード
  見忘れました (汗。
3. クレジットサプライズ
  観客から借りたクレジットを切断します。
  半分に切れているのを見せられるのがユニーク。(本当に切れているように見えます)
4. 四次元トランク
  要するにこちら。(ゴルフボールが出てきました)
  名刺を入れられないのが残念なのと音が少々気になりました。
5. 不思議なミニカー
  見ていませんが、昔流行ったミニカーを使ったカード当て。
6. ディミニッシングリターンズ
  選んだカード以外が小さくなったり、選んだカードのみが小さくなったり。
  同系統のマジックがよくあるのでマニアの方は見当がつくかと思います。

予定価格はどれも1,200円から2,000円の間でした。
開発途中なので製品版では変わる事があるそうですから、くれぐれもご注意を。
尚、ふじいあきら氏のショーがありました。(私は見ませんでしたが)

続きを読む "東京おもちゃショー 2006" »

2006年07月16日

東京おもちゃショー 2006 その2

昨日の続きです。
ちょっと気になったものを幾つか紹介します。

案内状を頂いた〓イメージミッション木鏡社さんのレインボーキューブとK−DRONです。 初めて実物を見ました。 そのうちオンラインショップで販売するかも。
あそびをせんとやさんが7月9日に紹介されていた『ブロックス』のニューバージョン『ブロックス トライゴン』です。 9月21日に新発売だとか。
専用の砂を水に溶いてミニチュアレンガで城や家などを作ることができます。 かなりしっかり接着しているのですが、水につければ再びバラバラになるそうです。 気になる価格は1,800円(予定)、安いかも。
ダイス型のCDケースで、色は赤、黒、白の三色、付属の専用パーツで重ね置きも可能。 60枚のCDを収納でき、シートを外せば小物入れにもなるそうです。 何かマジックに使えないかな?
これは面白いアイデア。 鉛筆を削ることによってゼンマイが巻かれて歩き出します。 ロボットタイプと恐竜タイプがあります。 思わず欲しくなりました。

他にもASOBLOCK(アソブロック)GEOMAG(ジオマグ)などもありました。

2006年07月17日

ニューロニアン

ニューロニアン

ニューロン(神経細胞)を回転させ、すべてのニューロンを繋げましょう。
制限時間はないのでじっくり考えることが出来ます。
その代わりに制限回数があり、一手のミスも許されないシビアなパズルです。
全部で100問ありますので、当分楽しめるかも。

さて「ニューロン」と言えば「シナプス」ですが、秒刊SUNDAYさんにてシナプスの回路の模型FLASHを見つけました。
錯覚についての記述もありますので御覧の程を。(小中学生の方には少々難しい話でゴメンナサイ)

2006年07月18日

斬新なカップ・アンド・ボール

Jason Latimer on Late Late Show

ジェイソン・ラティマー氏による透明なカップ・アンド・ボールのマジックです。
テレビでも放映され、話題になりましたので御覧になった方も多いかと思います。
透明のカップを使うというアイデアと、それによって既存の技法がほとんど使えなくなるにも関わらず、一連のルーティーンを組み立てた才能に驚かされたものです。
これほど斬新なカップ・アンド・ボールは滅多にお目にかかれないだろうと思っていました。
が、Hey presto!さんに私の想像を越えたカップ・アンド・ボールの紹介記事が…。
動画はこちらからどうぞ!
あまりの衝撃に繰り返し見てしまいました (^^;

続きを読む "斬新なカップ・アンド・ボール" »

2006年07月19日

セルフワーキング・トリック

セルフワーキング・トリックです。
ワラタ2ッキさんで御覧下さい。
このトリック、今まで全く知りませんでした。
もしかしたら積読状態の書籍の中にあるかもしれませんが。
ただ、気になることが一点。
これは「魔術師の選択(マジシャンズ・チョイス)」というより「フォース」の一種でしょうね。

応用がききそうなので、私も考えてみました。

1.次の漢字の中から一つを選んで下さい。
 
壷、花、土、海、弧、糸、飴、百
 
 
2.選んだらその漢字から連想されるものを、次の八単語から選んで下さい。
 
ダンゴ、光、タコ、馬、綿、カバン、円、鉛筆
 
 
3.選んだ単語をイメージし、その特徴を次の八つから選んで下さい。
 
明るい、丸い、短い、速い、軟らかい、高い、黒い、重い
 
 
4.最後にその特徴に当てはまるものを次の八つから選んで下さい。
 
ダイヤモンド、マッチ、釘、輪ゴム、ミニカー、鏡、ナイフ、携帯電話
 

 
あなたは「輪ゴム」を選びましたね!(上手くいったでしょうか?)
このまま輪ゴムのマジックに続けられるはず。
尚、最後はマジックに使えるもので統一しました。(ダイヤモンドはジャンピングダイヤ)

続きを読む "セルフワーキング・トリック" »

2006年07月20日

念力寿司

念力寿司

以前紹介しましたよつばと!手品と同じ原理のトリックです。
ちょっと違うのは、これがグリーティングカードであるところ。
メッセージを添えて御友人に送ってみてはいかがでしょう。(特にそろそろ夏休みに入る学生の方は)

同じところで、世界初の「匂いのするカード」も見つけました。(特許出願中らしいです)
こちらもお薦め。

2006年07月21日

threesome

threesome

3つのボールを指定の位置まで移動させるパズルゲームです。
ボールの移動はカーソルキー、ボールの切り替えはコントロールキーで。
部屋と部屋の間にある扉は、ある操作によって開く事が可能です。
8面しかありませんが、なかなか楽しめます。

2006年07月22日

エメラルド・エーセス

たまにはマニアックなネタを!
有名なエース・オープナーに『エメラルド・エーセス』があります。
少々単調ではありますが、易しくて不思議なマジックです。
問題は後処理ですが、荒井晋一氏の『アフェクションズ 4』に載っている『フォーツーワン』と組み合わせるとすこぶる簡単に解決できます。

タネの部分をメイトにして、『エメラルド・エーセス』を行います。
エースが全て出揃ったら、観客に一枚のカードを抜いて覚えてもらいます。
覚えてもらったカードをTします。
Dなどによってトップカードをボトムへ。
これで『フォーツーワン』を行う準備が整いました。(本の2の段階が終了したところ)

メイトの組み合わせやシャフル等について解説を端折っていますが、これで十分理解できるかと思います。
『フォーツーワン』自体もかなり楽にできるので、『アフェクションズ 4』をお持ちの方は一度お試しを。

とは言っても、このブログを御覧の方で『アフェクションズ 4』をお持ちの方は、まずいらっしゃらないでしょうから、以前紹介しましたささやかだけれど、役に立つことさんより、不思議な4Aを紹介します。
セルフワーキング・トリックですので、実際に4枚のエースを用意して説明どおりにやってみましょう。
何故出来るのか考えてみるのも面白いです。

2006年07月23日

look twice for the words inside the word

look twice for the words inside the word

以前紹介したWord Optical Illusions in Advertisingと同じVeja Magazineからのようです。
「VICTORY(勝利)」の中に「DEFEAT(敗北)」が隠れています。(リンク先には全部で4枚の画像があります)

これらもAmbigramの一種だと思います。
尚、このような図地反転系のambigramの中で、私が好きなのは何といってもOptical Illusionですね。

< 追 記 >
とんでもないブログを発見しました。
いろいろな言葉をambigramにする研究室だそうです。
Ambigram Laboratory

< 再 追 記 >
リンク先のウェブマスターであるNorman Roberts氏が、日本からのアクセスが多くて大変喜んでくれているようです。
a warm welcome to my japanese readers
画像にはビックリさせられました。
是非皆様も御覧下さい。

2006年07月24日

サークルK

サークルK

サークルKのCMのようです。

< 御覧になる時の注意点 >
必ずメディアプレイヤーを最大化してから御覧下さい。
急に大きな音が出たりはしないのでご安心下さい。

pya!さんより。

2006年07月25日

ambigram T-shirt

ambigram T-shirt

以前Ambigram 2で紹介したPsy-shirt loveですが、他にもAmbigramを使ったティーシャツを見つけました。
普通に読むとAngel(天使)ですが、逆さにすると…。
女性用なので、奥様や彼女へのプレゼントにどうぞ!
もし気付かれても当局は一切関知しませんのでそのつもりで。
他の種類はこちらを御覧下さい。(男性用もあります)

尚、LOVE-HATEのAmbigramですが、他のパターンを見つけました。
その2がちょっと難しいかも。

 ・その1
 ・その2
 ・その3

2006年07月26日

What's in a Name?

What's in a Name?

簡単なパズルです。
8つのピースを組み合わせて、ある文字列を作って下さい。
マウスを使って赤い枠の中にピースを並べるパズルなのですが、できれば頭の中だけで考えて頂きたいと思います。
このブログを御覧の皆様でしたら、すぐにわかってしまうと思いますので。

< 追 記 >
先日ご紹介しましたAmbigram Laboratoryさんに「MISDIRECTION」のAmbigramを作って頂きました。


igatoxin様、ありがとうございます。

続きを読む "What's in a Name?" »

2006年07月27日

ジグザグレディ

Zig Zag Lady Illusion Revealed by Masked Magician

スピードネーターさんで見つけた、マスクドマジシャンによる「ジグザグレディ」のタネあかしです。
マスクドマジシャンの番組はほとんど見たことがないのですが、こんな調子でいろいろなマジックのタネあかしをしていたのでしょうか?
人が考えたマジックのタネあかしで金儲けとは情けない。

このイフェクトはテンヨーの「THEタバコ」のように、様々なマジックが考え出されています。
しばらく前に「ZIG ZAG DECK」を偶然見つけたのですが、一瞬「アレッ?」と思いました。

ところで、どなたか「TENCHI'S SECRET COIN」について何か御存知の方はいらっしゃらないでしょうか?
多分「天地奇術」の製品だと思っているのですが。

2006年07月28日

3Dテトリス

3DTRIS

ひろぶろさんで見つけた3Dテトリスです。
移動はカーソルキー、回転は「Q」,「W」,「E」,「A」,「S」,「D」キー、落下はスペースキーで。
出来は良いのですが、PC-98時代に「TAKALITH」で遊んだ身としてはキー操作が慣れません。

久しぶりに「TAKALITH」を引っ張り出してきました。(ついでに「POROLITH」と「NUGILITH」も)
PC-98マシンまたはエミュレーターをお持ちの方はどうぞ。
需要があるとは思えませんけれども。

TAKALITH
POROLITH
NUGILITH

フリーウェアソフトなので大丈夫かと思いますが、もし問題がありましたら御連絡下さい。
すぐに削除致します。

2006年07月29日

早変わり

Quick Change of Cloths

つぶやき小屋さんより、早変わりマジックです。
スピードも凄いのですが、変わる回数も目を見張るものがあります。
こちらの動画も同じ人?

早変わりを使ったドッキリカメラはこちら
こちらは、驚異の早脱ぎです。

< 追 記 >
リンクが切れているようなので下記をどうぞ。
 ・Quick Change Artists on America's Got Talent

2006年07月30日

からくり箱

WONDER BOX (どこでも開く箱)

先日、当オンラインショップのお客様より、からくり箱を撮ったDVDを頂きました。
内容があまりに面白く、一人で楽しむのは勿体ないので、御本人の許可を得てアップする事に。

動画は、からくり儀右衛門が作ったとされている箱を元に、御本人が構造を考えて作ってもらったそうです。
この箱の面白さに説明は必要無いでしょう。
マジシャンのレナート・グリーン氏にもプレゼントされたそう。
こちらから購入できます。

DILEMMA (ジレンマ)も御本人の考案。
取っ手を押さなければロックを外せません。
でも、押したら引き出す事はできません。
パラドックスに陥ったかのような「ジレンマ」をどうすれば解決できるでしょうか?

尚、箱の製作はからくり創作研究会の佐藤秀人氏だそうです。
からくりクラブ」では会員を募集しているそうですので、興味を持った方は是非!

2006年07月31日

画像ネタ 2

Live Drawing - reminds Escher

リンク先は二次元と三次元の融合画像。
全部で4枚あります。

画像系のコネタが増えましたので何点か紹介。

ゆめと少女
 偶然の産物でしょうが「ゆめ」と「少女」のAmbigram。詳しくはこちら
夕暮れ時に見せる顔五線譜
 鳥がいい仕事をしています。
ゴージャス・アイリーン
 JOJOネタですみません。
(・∀・⊥)
 よく気がつくことで。
Silence of the Lambs
 劇場公開時は知らなかった、『羊たちの沈黙』のポスターに隠された騙し絵。大きな画像はこちらから。
パーツが余った? 
 リアルな不可能物体。
It Happens in Paris!
 このカード欲しい!PhotoShopなのか、特注なのか?
私はどこでしょう(その2)
 自然の隠し絵。あの模様が保護色である事が良くわかる一枚。
何に見えますか?
 『天才バカボン』で同様のネタがありました。