« 2006年05月 | メイン | 2006年07月 »

2006年06月 アーカイブ

2006年06月01日

パズル・フロア

Puzzle FLOOR

ああ、こんなフロアでゴロゴロしたい! (リンク先のGalleryを御覧下さい)
HiroIroさんで見つけた、癒し系(?)フローリングです。
これから家を建てようと考えている方でしたら、一考の余地があるかも。
こんなフロアが製造可能ならば「テセレーション・フロア」とか「ペンローズ・タイル・フロア」などもできるのではないでしょうか?
日本のフロアメーカーさんにも頑張って欲しいところ。

私にはパズル・フロアはとても無理なので、パズル・コースターぐらいにしましょうか。

2006年06月02日

イラロジ!

イラロジ!

以前紹介したnemoTYLERK'S PICROSSと同じパズルですが、大きく異なるところがあります。
それは、誰でも問題を作って投稿できるところ。
皆さんもパズル作家の気分を味わってみてはいかがでしょうか。
まだ問題数が少ないようなので、ドット絵や外字を作成するのが得意な方は是非チャレンジを!

詳しくはこちらを御覧下さい。

続きを読む "イラロジ!" »

2006年06月03日

Playing Cards for Magicians

Playing Cards for Magicians

マジシャン用のトランプを解説している貴重なサイトです。
とはいっても、仕掛けのあるトランプではありません。
カード・マジックに適したトランプといったところ。

上部は通常に販売しているトランプで、下の方にいくほど希少価値が高いようです。
私が持っているもので価値がありそうなところでは、Tom FooleryNY Magic SymposiumPlayboy Bunnyでしょうか。
中でもNY Magic Symposiumは未開封でオール6色持っているので、もしかしたら高く売れるかな? (^^;
それにしてもGolden Nuggetが絶版になっているとは知りませんでした。
このトランプは(当時)値段が安かったのと、トリックスの故K氏が良く使っていたので、私も以前愛用していました。
同じジョーカーが2枚あり、紙質も私好みでしたので、大変残念です。
今は、ディスカウントショップで買えるBicycle Rider Backばかり・・・。

さてトランプに興味の無い方にはあまり面白くないでしょうから、一つ問題を!
ある程度カードマジックをされている方ならば御存知だと思いますが、Tally-Ho Original Circle Backは、ワン・ウェイ・カードになっています。(ワン・ウェイ・カードとは上下非対称のカードのこと)
私が知っている限りでは三ヶ所。(もっとあるかもしれません)
お暇な時にでも、間違い探しのつもりで挑んでください。
こちらこちらをどうぞ。(写真では2箇所までは見つけることができます)

2006年06月04日

ジグソー・パズル・ジェネレーター & The Wizard Text Generator

Puzzle maker

パソコンに保存してある画像をジグソー・パズルにしてくれるジェネレーターです。
画像を選択したら、ピースのサイズを選ぶだけでOK!
jpg、png、gif、bmp形式が可能なため、変換の手間も省けます。

以前保存した、ある騙し絵を利用して、私も作ってみました。こちら
これは一体何の絵でしょう?(あまり見かけないように思いますが、有名な騙し絵です)

<追記>
ついにやってしまいました、以前と同じネタを!
いつかやるのではないかと内心恐れていましたが・・・。
それにしてもコメントで指摘される前に気付いてよかった。(^ ^ ;
急遽ネタの追加!
sasapong!!さんより、The Wizard Text Generatorです。

The Ninja Text Generatorもお薦めです。

続きを読む "ジグソー・パズル・ジェネレーター & The Wizard Text Generator" »

2006年06月05日

水芸

Diet Coke and Mentos

ザイーガさんで見つけた、「コーラ+メントス」による水芸です。
(「コーラ+メントス」についてはPEPSI GIRLを参照)
こういう馬鹿馬鹿しい発想は大好きです。
対して和妻の水芸を私は好きになれないのです。

私が初めて水芸を見たのは、小学校へあがる前。
近所にきたサーカスの演目の一部でした。
プログラムにはマジックとなっていたので、喜び勇んで母親に連れて行ってもらったのです。
そのマジックこそ、人や舞台のあちこちから水が噴き出す水芸でした。
これのどこがマジックなのか、何が不思議なのか?
5歳程の子供さえ、不思議がらせる事が出来ない水芸。
その時の落胆感を今でも覚えています。
ビニールチューブも水道もコンピュータも無い時代に演じられたからこそ、水芸は不思議だったはずです。(その事に気付いたのは、随分後になってからでしたが)

数年前にもテレビで水芸を見ましたが、基本的なところはほとんど変わっていないように思えました。
今でも水芸を(伝統芸能としてならともかく)マジックとして見る気にはなれません。

水芸はストリート・マジシャンにこそ演じてもらいたいと思います。
例えば、Tシャツ姿で指先から水を出したり・・・。
その時こそ、マジックとしての水芸の復活だと思うのです。
出来れば外人でなく、日本人の手で復活させてもらいたいものですが。

2006年06月06日

Bobitos

Bobitos

赤い骸骨を中央のマスへ移動させる事が目的です。
骸骨は乗っているマスをクリックする事で縦横へ移動できますが、他の骸骨にぶつからない限り直進してしまいます。
尚、ボード上から骸骨が落ちてはいけません。
全てのステージをクリアする事が出来るでしょうか?
小太郎ぶろぐさんより。

続きを読む "Bobitos" »

2006年06月07日

Finger Box of Death

Finger Box of Death

解説の必要がない単純明快なマジックです。
リンク先より「Finger Box of Death」をクリックしてください。
(アッシャー・ツイストで有名なリー・アッシャー氏のサイトです。)

動画を見るとついやってみたくなる事でしょう。
トリックはすぐにおわかりになるかと思いますが、やってみると案外難しいもの。
指の第一関節のみ曲げられる方は、是非マスターしてください。
きっと上手に見せる事ができるかと思います。

2006年06月08日

Rezon(レゾン)- ONOFF(オノフ)-

Rezon(レゾン)- ONOFF(オノフ)-

これは一体何でしょう?
また、これに施されたある仕掛けとは?

気になる方はリンク先のFLASHより、「Line Up」 もしくは「Gallery」を御覧下さい。
これをサロンでの予言マジックに使ったら効果的ではなかろうか、などと考えてしまいました。
酔拳の王 だんげの方さんで見つけました。

2006年06月09日

Spanish Castle Magic

Spanish Castle Magic

Li'l Color Illusionを覚えていらっしゃるでしょうか?
二作目が発表されていましたのでご紹介。
ただし、前作と違ってGIFアニメーションではありません。
30秒間画像の中心を見つめた後、その状態のままでマウスポインタを画像に移動させるのです。

※ 前回のようなGIFアニメバージョンをこっそりと作ってみました。
こちらからどうぞ!

続きを読む "Spanish Castle Magic" »

2006年06月10日

新・つまみーな あとひといき

最近新・つまみーな あとひといきが気になっています。
前のつまみーなには、興味を惹かれなかったのですが。

先日、某サイトで「Raketti」というパズルの解説を見ました。(動画つき)
パズルやマジック系の本にも載っている、あるトリックが使われているのです。
でも、この形になるとおよそ気付かないでしょう。
検索したところ、さだきち氏のブログShikake-ya's blogがヒットし、そこから知りました。
タネあかしになるので某サイトがどこであるか明記しませんが、ヒントを出すと以前紹介したことがあるサイトです。

2006年06月11日

Impossible Cat

bonsai kitten

私も不可能物体はいろいろ見てきましたが、これは初めて。(笑)
「Impossible Object」ならぬ「Impossible Cat」といったところでしょうか。
作り方(?)はリンク先の動画を御覧下さい。
つぶやき小屋さんより。

他のネタを用意していたのですが、かわいさに負けてしまいました。

2006年06月12日

リンキング・リング

チャイニーズ・リングと聞いて何を思い浮かべますか?
九連環」ならばパズル属性、「リンキング・リング」ならばマジック属性の方でしょうね。

さて、このキャプチャ画像は某マジシャンがリンキング・リングを演じているところです。
画像を見てピンときた方には、価値があるものかもしれません。
この動画を某アップローダーにアップしてありますので、謎解きをどうぞ。

<ヒント>
場所 : 便利(好都合)の0122
DLKey : 某マジックショップの名称
PASS : 写真の人物のフルネーム

尚、実演のみでタネあかしはありません。
画質も悪く、時間にして1分弱ですが、御覧になりたい方もいらっしゃるかと思います。

2006年06月13日

GROW ver.2

GROW ver.2

HAPPY X-mas miniGROW以来、半年ぶりのGROW新バージョン。
前回に続いてアイテムが6個しかないので結構簡単かも!

ところで、何故「ver.2」なのか、いぶかしげに思った方もいらっしゃるかもしれません。
理由は、作者であるON氏のEYEZBLOG ver.0を。
相変わらず想像を越えた結末が待っています。
情報元は(・∀・)イイ・アクセスさんです。

2006年06月14日

Jim Warren

Seven Hearts

ついにLi'l Color Illusion及びSpanish Castle Magicの作り方が公開されました。
自作したい方は必見です。
Color Illusion Tutorialより。
私も古いバージョンのフォトショップは持っているのですが、ほとんど使用していないため、専門用語に苦労しました。
LayerだとかDesaturateだとか。(フォトショ使いでしたら簡単なのでしょうが)
画像は3時間近くフォトショップと格闘した末にようやく完成したもの。

ちなみに元画像はアメリカのアーティスト、Jim Warren氏の『Seven Hearts』です。
(7つのハートが隠れていますので全て見つけてください)
氏は色使いが素晴らしく、騙し絵、隠し絵的な作品も多く発表されています。
作品を御覧になりたい方は氏のHPからどうぞ。(下部の「WANT MORE?」をクリックで次のページへ)

続きを読む "Jim Warren" »

2006年06月15日

人体切断マジック

Criss Angel And Half A Woman

スピードネーターさんで見つけた人体切断マジック。
少々やりすぎな気がします。
こちらも同じくスピードネーターさんから。
両方ともアイデアはいいと思うのですが、過激な演出も切断したままで終わるのも、ちょっと後味が悪いような・・・。

< 追 記 >
ショッキングな映像がありますので御注意を!

2006年06月16日

ダイ・バーノン

続きを読む "ダイ・バーノン" »

2006年06月17日

迷宮輪舞

迷宮輪舞

地下10階で迷子になった女の子を助けてあげましょう。
クリアまでのタイムや状況によって3種類のエンディングがあるそうです。
先日途中まではやったのですが・・・。
記憶力に自信のある方以外はメモをとった方がいいかも。

2006年06月18日

マイケル・ジャクソン

Michael jackson

私が最初に斜め立ち(というらしい)を見たのはマジック番組でした。
それでしばらくの間、マイケル・ジャクソンがマジックネタを使っているものだとばかり思っていたのです。
しかしこれを見るとマイケル・ジャクソン自身が特許を取っているよう。(連名ですが)

詳しくは下記を御覧下さい。
Michael Jackson's patent

続きを読む "マイケル・ジャクソン" »

2006年06月19日

Sandro Del Prete

Sandro Del Prete

スイスのアーティストSandro Del Prete氏の作品群です。
以前紹介したイルカも氏によるもの。
Rob Gonsalves氏と比べると紹介サイトが少ないようですし、Web上ではあまり大きな画像を見かけないのが非常に残念!
この絵なども小さくてわかりづらいかと思います。
比較的大きい絵をたくろふのつぶやきさんで見つけました。

http://www.pergioco.net/Arte/DelPrete/DelPrete.htm
http://www.illuweb.it/artisti/delprete/delpga01.htm
http://www.illuweb.it/artisti/delprete/delpga02.htm
http://www.illuweb.it/artisti/delprete/delpga03.htm
http://imp-world.narod.ru/art/delprete/delprete1.html
http://imp-world.narod.ru/art/delprete/delprete2.html
http://imp-world.narod.ru/art/delprete/delprete_o1.html

2006年06月20日

可聴域検査

Test your own hearing

しばらく前、海外ボツ!NEWSさんに、悪ガキを撃退する画期的な装置の記事がありました。
何でも大人には聞こえない周波数を発する装置だそうです。
この音をネットで検索してみると、16800Hz、85dBのよう。

実際の音はこちらから。
聞こえない方が多いようですが、意外にも私には聞こえました。
でも良く考えてみるとスピーカーやサウンドボード(サウンドカード)の性能に依存するのですよね。
聞こえない方は他のパソコンで試してみるとよいかも。

ところで上記リンク先では、自分の可聴域を調べることができます。
オレンジのマスをクリックすると、該当する音が聞こえ、印がつきます。
自分がどこまで聞こえるかチェックして、他人と比較してみると面白いでしょう。
ただし、同一のパソコンでないとあまり意味がありません。
もしあなたに、他の人には聞こえない音が聞こえるのであれば、テレパシー系のマジックや、サクラを使ったカード当てが可能になります。

2006年06月21日

騙し絵19枚

Illusions

みずほN◇MIZUHO(N)さんで見つけた、人物をモチーフにした19枚の騙し絵です。
うれしいことに画像が大きく、初見のものも多かったので、迷わず全て保存しました。
絵の作者がわからないのがちと残念。


< おまけ : 騙し絵みたいな画像 >
ワラタ2ッキさんより、手   が    長    す    ぎ     る  (変な実を食べたのでしょうか)
HiroIroさんより、なんでこんなの保存したんだろっていう画像 (偶然のアナモルフォーズ

2006年06月22日

かくし絵

Hidden Picture

よいこの おともだちへ
みんなは 「かくしえ」って しっているかな?
うえの 「え」のなかに したの 「え」と おなじものが かくれているよ。
ぜんぶ みつけられるかな?
おともだちと きょうそうしても たのしいよ。
でも ながいあいだ がめんを みつづけると めが わるくなるから ちゅういしてね。
「ぱぱ」や 「まま」に おねがいして いんさつしてもらうと いいかもしれないよ。
それから ていきてきに 「え」が いれかわるから しばらくしたら またみてね。

* 保護者のお父様へ *
パズルはお子様の情操教育に欠かせません。
幼児からの英才教育で、お子様を立派なパズル家に育てましょう。
当たり前の事ですが、全て見つけるまでは食事を与えたりしてはいけません。
尚、お父様にはこちらのかくし絵をご用意致しました。
82本のボトルが隠れていますので、全部探して下さい。

* 保護者のお母様へ *
勿論、お父様が全てのボトルを見つけるまでは、晩酌を与えてはいけません。

冗談はさておき、小さなお子様がいらっしゃる方にはお勧めかも。
過去に出題された、かくし絵の保管庫はこちら

続きを読む "かくし絵" »

2006年06月23日

重力への挑戦

Cool Illusions

"This is not photoshop." (これはフォトショップによって加工された画像ではありません)
普通の方は、素直に不思議だと思うのではないでしょうか?
ところがマジックやパズルが好きな方は、それでは『ペイントショップ』を使ったのか、などと考えてみたり・・・。

リンク先の画像は、ドイツのパフォーマンス・アーティストであるJohan Lorbeer氏によるもの。
マジシャンではないので、ショーの後にトリックが明かされているようです。
確かにこれを街中でやられたら、絶対に驚くでしょう。
どこかの企業が氏を日本に呼んでくれないでしょうか?
いい宣伝になると思いますが。

sasapong!!さんに先を越されて紹介されてしまったのがちょっと悔しい。
でも、上記リンク先の方が画像が大きいのが自慢です。(どんな自慢?)

2006年06月24日

Compute!

Compute!

常日頃お世話になっているkohfuh氏のブログThis and That +より。
数式のピースを全て詰め直して、計算結果を示すパズルです。
尚、正方形の小さいピースだけは固定されています。
もちろん式の答えはすぐにおわかりなるでしょうが・・・。
難しすぎず、ヒネリもある楽しいパズルです。
(ちなみに答えは漢数字やローマ数字ではありません)

kohfuh氏のHPは下記からどうぞ。
Kohfuh's Lab

2006年06月25日

試験あらし

試験あらし

やっと、マンガ『試験あらし』を熱く語っているサイトに巡りあいました。
『なぜか笑介』で有名な聖日出夫氏による初期の作品です。
主人公である嵐次郎吉は、カンニングで一流高校に合格し、その後の試験もカンニングによって突破していきます。
一切勉強せず、カンニングのみ、という潔さが魅力でした。
実は途中までしか読んでいないので、続きを読みたかったりするのですが・・・。

マジシャンを夢見る主人公は、マジックの手法を用いたカンニングを次々に考案します。
机の中に鏡を仕込んで空の机に見せたり、カンニングペーパーを「バック・アンド・フロント・パーム」で隠し持ったり、試験中に教師に催眠術をかけて自分の代わりに問題を解かせたり・・・。
現実的には不可能なアイデアが多いのですが、毎回の奇抜なアイデアには大いに感心させられたものです。
現在は上記の第1話と第2話 天才少女しのぶ第3話 英単語100題試験必勝法までですが、次回の第4話は完全カンニングの回です。
今度は、教師数人に見張られている状態でカンニングをしなければならなくなります。
が、一種の不可能犯罪であるこの事態も、あるマジックを応用したカンニングで切り抜けるのです。
自分の立場だったら、どうやってカンニングをするか考えてみると面白いかもしれません。

続きを読む "試験あらし" »

2006年06月26日

Someday

Someday

早めの更新です。
見終わった後、今日(明日)のネタはこれしかないと思いました。
先入観なしに見て頂きたいので解説を省きます。
先ずはリンク先のPVを御覧下さい。
最低二回は見て欲しいもの。
二回目で気付くこともあるはずですから。

続きを読む "Someday" »

2006年06月27日

ディアブロ2

Impossible figures in computer games

コンピュータゲームの中の不可能図形です。(リンク先、重いです)
ゲームの名は『Diablo II』。
ゲームに疎い私でも名前だけは知っているので、結構有名なのでしょう。
こういう画像を見せられると、ちょっとやってみたくなります。

いっそのこと全てのマップを錯視図形に、武器はTrident(三叉の矛)、敵キャラはMCエッシャーのCurl-upにしてくれたら、即買いなのですが。

2006年06月28日

Tommy Wonder

The Ring, the Watch, and the Wallet

Hey presto!さんでトミー・ワンダー氏の訃報を知りました。
あまりに驚き、急遽予定変更で氏の動画を探しました。
動画のマジックは、指輪と時計とお金をスリに盗まれた時の話です。

日本でも人気のあるマジシャンの一人で、来日回数も多く、氏の演技を生で御覧になった方もいらっしゃるかと思います。
私もかなり前に見た口で、とりわけ2つのカップで行うカップアンドボール(Two Cup Routine)に、驚かされたのを懐かしく感じます。
氏のご冥福を慎んでお祈り申し上げます。

2006年06月29日

Geometric Sculptures

Geometric Sculptures

エ審愿〓〓錣世修Δ任后鉛筆、フロッピーディスク、CD-ROMなど、身近なものを用いて多面体(のようなもの)を形作っています。
作者であるGeorge W. Hart氏のHPにもパズルを含んだ同様な作品がいっぱい。

器用さに自信がある方は、Mrtn Directoryさんのマッチ棒に、頭脳に自信のある方はH.Hamanaka very private pageさんのクリップに挑戦してみて下さい。

マジシャンにもお勧めなのはあそびをせんとやさんの3枚のカードを使ったもの。(ページ下部の1月29日を参照)
簡単そうですが、意外と悩む方もいらっしゃいます。
不要になった名刺やトランプが三枚あればできるので、一度チャレンジを!
飲み屋(学生なら休み時間)でのネタにもなりますし。

続きを読む "Geometric Sculptures" »

2006年06月30日

Escher Blowout

Escher Blowout 2

フォトショップ使いによる、MC Escherのオマージュ、パロディ、インスパイアだったりする作品。
意味深なものから笑えるものまで、いろいろあります。
特に「Hand with Reflecting Sphere」には傑作が多いようです。
これこれも好きですが、私の一押しはこれ
対象物を日常的なものに置き換えることにより、芸術性のかけらも感じられない程までに作品を昇華させた手腕は、誠に見事であると言わざるをえないでしょう。 (^^;

Escher Blowoutもどうぞ。