« 2005年10月 | メイン | 2005年12月 »

2005年11月 アーカイブ

2005年11月01日

Die Sieger

Die Sieger

 エルエルさんで見つけたユニークなトラックの写真です。
こういうの大好きなんですが、日本でも誰かやってみませんか?
宣伝効果は十分にあると思います。
ただ、街中で見かけたら思わず見入って事故を起こしそうですけど。
こちらにも幾つか大きいサイズの写真がありました。

2005年11月02日

ピタゴラ装置動画

ピタゴラ装置動画

 先日のバースデケーキ大作戦!!でピタゴラ装置に触れたのですが、動画を紹介しているところを見つけました。
情報元はGari@Suta-GUTIさんです。
本や巻尺等のありふれた品々の思わぬ使い道に、つい繰り返し見てしまいました。
こちらにも続きがあります ピタゴラ装置動画・その2

ピタゴラ装置で最も有名なのは、ホンダ『アコード』の車の部品を使ったCMではないでしょうか。
見た事無い方は下記リンク先からどうぞ!
The Honda Ad called "Cog"

2005年11月03日

ClickDragType

ClickDragType

 例によって小太郎ぶろぐさんで見つけた面白いパズルです。
問題は全部で5問、使うのはマウスのみ。
何をどうすればいいのか考えてみましょう。

かなり面白い問題ばかりですが、私は2問目を自力で解く事が出来ませんでした。
パソコンのボリュームを絞っていたのが敗因です。
2問目の要はヒアリングですので、ボリュームを上げてから行って下さい。
中学生以上ならば理解できる英語だと思います。(小学生の方、ゴメンナサイ)
尚、ヒアリングが不得手の方もご安心を。
学生時代にヒアリングの解答を鉛筆をころがして決めていた私が聞きとれたくらいですので。

他に難しいところは4問目の赤だと思います。
これには少々悩まされました。

2005年11月04日

Magic Sand Movie

Magic Sand Movie

 水の中に入れても濡れる事の無い不思議な砂です。
確か1970年代にテンヨーからアストロサンドの名称で発売されていました。
が、マジックに興味のある人を除けば、当時でもほとんど知られてなかったのではないでしょうか。
他のサイトなどを見ると、最近発明されたと思っている方も多いようです。
この商品自体とても面白いものですが、これを使ったマジックをテレビで見た事があります。
尚、NON-TOXICだそうなので無毒です。

宣伝:shopの方で販売しております。(色は赤です)

2005年11月05日

Coin magic

Coin magic

 コインが増えたり、移動したり、鮮やかなコインマジック。
ただ、あまりに早いため、何が起こったのか何が不思議なのか、少々わかりづらいです。
マジックでなく、フラリッシュを見ているような気が・・・。
情報元はGari@Suta-GUTIさんでした。

2005年11月06日

Trick or Treat Beat!

Trick or Treat Beat!

 カートゥーン・ネットワークのキャラクターを使った(らしい)楽しいアクションパズルゲームです。
モンスターになって、隠されたコインとキャンディー、そしてスーパーコインを集めるのが目的。
あるアイテムに触れると違うモンスターに変身できます。
モンスター毎にそれぞれの能力が異なり、特定のモンスターでないと入手出来ないものがあるので要注意。
尚、移動はカーソル・キー、モンスターの能力発揮はスペース・バーで!
時間制限があるので効率良く探しましょう。
スピードネーターさんより。

2005年11月07日

S'Mores Wars

S'Mores Wars

 チョコレート対マシュマロの世紀の決戦!
自分はチョコレート、コンピュータはマシュマロで、三角形に囲んだところが陣地となります。
上手く三角形を利用して陣地を広げましょう。
オセロ並の大逆転も在りえますから、相手の邪魔をする事も大切です。
レベル5までありますが、どこからでも始められます。

2005年11月08日

MONEY(お金)

It can buy a House. (お金で家を買う事ができます)
But not a Home. (でも家庭は買えません)

It can buy a Bed, (お金ベッドを買う事ができます)
But not Sleep. (でも睡眠は買えません)

It can buy a Clock, (お金で時計を買う事ができます)
But not Time. (でも時間は買えません)

It can buy you a Book, (お金で本を買う事ができます)
But not Knowledge. (でも知識は買えません)

It can buy you a Position, (お金で地位を買う事ができます)
But not Respect. (でも尊敬は買えません)

It can buy you Medicine, (お金で薬を買う事ができます)
But not Health. (でも健康は買えません)

It can buy you Blood, (お金で血液を買う事ができます)
But not Life. (でも命は買えません)

It can buy you Sex, (お金で性欲を満たす事ができます)
But not Love. (でも愛情は買えません)

So you see money isn't everything. (お金は万能で無い事が理解頂けるでしょう)
And it often causes pain and suffering. (お金は時に苦労や災いをもたらす事さえあります)

I tell you all this because I am your Friend,  (私はあなたを友達だと思ってお話するのです)
and as your Friend I want to take away your pain and suffering... (友人としてあなたの苦労や災いを取り除いてあげたい)

So send me all your money and I will suffer for you. (全てのお金を私に送ってくれれば、あなたに代わって苦しんであげます)
A truer Friend than me you will never find. (私こそがあなたの本当の友人ではありませんか)

CASH ONLY PLEASE. (現金以外お断り)


上記は以前海外サイトで見つけたもの。
尚、括弧内は私の適当な和訳です。(なにぶん『英語の不自由な人』ですので・・・)
もちろんジョークなのですが、呆れた事に同様な手口で詐欺を働く人もそれに騙される人も実際にいます。
お金を浄化すれば家庭内のトラブルや病気が治る、といった類。
人の弱みにつけこんだ悪質な詐欺ですが、騙される方もちょっと・・・。

余談ですが、詐欺についてはコミックの『クロサギ』が面白いです。

2005年11月09日

Chriss Angel Hit by car!

Chriss Angel Hit by car!

 クリス・エンジェル氏による一風変わったマジックです。
脱出マジックかと思いきや、車に体当たり!
果たして実際に車に当たっているのか、当たったように見えるのか?
両方の場合でトリックを推理してみるのも面白そうです。

2005年11月10日

さかさま音楽

Hybrid Music!?

 坂根厳夫氏の著書『遊びの博物誌』の中に「さかさま音楽」がでてきます。
楽譜をひっくり返して見ても全く同じになるというもの。
そんな「さかさま音楽」を幾つもMIDI形式で発表されている方のHPはこちらです。
(楽譜もあります)

何とタイトルも回文になっています。(括弧内は原曲名)
Cho-u-cho (蝶々)
Step on No Pets (猫踏んじゃった)
砧の狸 (証城寺のたぬきばやし)
鳴る靴を作るな (くつが鳴る)

続きを読む "さかさま音楽" »

2005年11月11日

Strictly Come Dancing launcher

Strictly Come Dancing launcher

 Sukima Windows Plusさんで知ったパズルゲームです。
要は水道管ゲームなのですが、今まででやった中では一番面白かったので。
最初にキャラクターの顔や服装を選べるのですが、ゲーム内容とは無関係なのでNextをクリックで飛ばした方がいいです。
次にダンスコースを指定していくのですが、出来る限り渦巻き状のフロアを通過させるように、そしてコースを長くすると得点が高くなります。
全部で5ステージありますが、規定の得点に達しないと次のステージに進めません。
特に最終ステージは時間に追われるので、事前に頭の中でコースを組み立てておかないと厳しいかも。

2005年11月12日

Laid By The Best

Laid By The Best

 (注)本日の画像は18歳未満クリック禁止 (^_^;)
ごく普通の絵に見えますが、絵をひっくり返し、頭とグラスを持った手を覆うと・・・。
カードマジックのある技法を使って見せる事が多いので、マジシャンには良く知られている騙し絵です。
某マジシャンの名刺の裏にも使われていましたし、カード型ライターのデザインに使った方もいらっしゃいました。
ただ、この図案で本当にセクシーなものは今まで見た事がありません。(皆、わざとそうしないのでしょうけど)
例えばモンキー・パンチ氏の峰不二子のような絵だったらもっとウケると思うのですが。
絵心のある方、挑戦してみませんか?

2005年11月13日

Magician Chriss Angel owns the police

Magician Chriss Angel owns the police

 前半は(スライディーニの)紙玉のコメディというマジックの一部です。
私は子供の頃に初代引田天功が演じているのを見たのが最初でした。
このマジックは手順の一部のみが有名になってしまい、一連の流れをなかなか見ることが出来ません。
興味のある方は『クラシック・マジック事典』をどうぞ!
情報元はつぶやき小屋さん。

2005年11月14日

Magnetic block puzzles

Magnetic block puzzles

 同色の四角形を全てくっつけるパズルです。
中央の”Click here to start main Applet window”をクリックして、別ウインドウを開いて下さい。
操作はカーソル・キーか、外枠をクリック!
隣に同じ色がくると磁石のように引き寄せあって繋がります。
一度繋がってしまうと離す事は出来ません。
失敗したらスペース・キーでリセットしましょう。
"Menu"から問題を選ぶ事ができ、全部で6問あります。
全部面白いですが、中でも"Vertical shuffle"、 "Jiggle"、"No walls"が特にお薦めです。

続きを読む "Magnetic block puzzles" »

2005年11月15日

判断力テスト

判断力テスト

 判断力テストです。指示に従って素早く答えて下さい。

FLASHの仕組みを知りたくて、勉強がてらに初めて作ったものです。(1年以上前の事ですけど)
最初から難しいものは無理なので、20年近く前に友人が教えてくれたものを題材にしました。
教えてくれた友人の話によると、これを考えたのは元トリックス社員のK氏との事。
良く知っている方だけに、イメージが合わずに最初は信じられませんでした。
結局本人に確認せずじまいになってしまいましたが・・・。

尚、私はあらかじめ紙に油性マジックで書いておいてから見せてました。
酒の席でターゲットはもちろん若い女の子。(今はやってませんよ)
ちなみにK氏は相手の目の前で鏡文字で書いたそうです。

2005年11月16日

13人いる!

 以前どこかの画像掲示板で拾った画像。
先ず上記リンク先をクリックして、別ウインドウを開いて図の人数を数えて下さい。
GIFアニメーションなのでしばらくすると画像が動きます。
動きが止まったら、もう一度人数を数えましょう。

この類のパズルで有名なものに『THE VANISHING LEPRECHAUN』や、サム・ロイドの『Get off the Earth』等があります。
又、このトリックをメインにした有名な推理小説も・・・。

私がこの類のパズルを初めて知ったのは学研の学習雑誌。
学習漫画で有名な内山安二氏(「チューいせよ」の作者)が描いた付録がついていました。
出来栄えも素晴らしいもので、あまりの不思議さに何回も繰り返し数え直した覚えがあります。
無くしてしまった事が今でも悔やまれます。(>_<)

宣伝 : shopにて同様のパズルを販売しています。

続きを読む "13人いる!" »

2005年11月17日

Freak Separates Sugar From Water In His Guts

Freak Separates Sugar From Water In His Guts

 つぶやき小屋さんで見つけたマジック動画です。
水と砂糖を別々に飲み込んで、砂糖だけを出します。
しかも砂糖はサラサラに乾いた状態!
類似の芸ですぐに思いつくのは人間ポンプ。
金魚を飲み込んで生きたまま吐き出したり、碁石を飲み込んで観客が指定した色を出したりするもの。
後者のようにトリックを併用する事もあるのでマジックとの境界が曖昧なケースも多いです。
が、マジシャンとの違いは飲み込んだものを自在に吐き出せる事。
もし人間ポンプの芸人だったら、以前紹介したMagic Sand Movieが使えるかも。
砂糖を同様の方法で加工して、最初に用意しておいた水には洗剤を入れておけば効果がなくなるし・・・。

2005年11月18日

Suicide Magic Trick

Suicide Magic Trick

 昨日は砂糖と水を飲んで砂糖のみを出すマジックでしたが、今回はカミソリと糸を飲んで繋げて取り出すマジックです。
女性が行うのは珍しいのではないでしょうか。
この動画ではカミソリ1枚のみですが、10枚以上使うのが一般的です。
今まで見た中で一番強烈だったのは、ステージの端から端まで糸を通したカミソリを出すというもの。
およそ口の中に入る枚数だとは思えませんでした。
元々は針と糸を使って行うマジックでしたが、インパクトのあるカミソリが主流になったようです。

2005年11月19日

人生羊

さて問題です。「人生羊」とは一体何でしょう?

答えはこちらを再生してください。ダリアの音楽館より。
(ダリア氏のHPはこちらから)
私自身は雑誌『ComputerMusicMagazine』の購読者であったため、すぐわかりました。(調べてみたらVol.38)
同雑誌に投稿されたいた曲にそっくりです。
雑誌自体は捨ててしまったし、投稿曲はRCP形式であったためデータとしての比較は出来ませんが、多分ご本人でしょう。
(昔あった某HPでもこの曲が使われていて驚いたのですが、こちらも同一人物かどうかは謎)

以上は(・∀・)イイ・アクセスさんの情報、人生ヒツジを見て思い出しました。

2005年11月20日

Real Time 3D Illusion

Real Time 3D Illusion

 立体版の錯視図形です。
全部で4つありますが下2つは初見だったので、ちょっと感動。
情報元はエルエルさん。

上から2つ目の立体版ペンローズの三角形の型紙がこちらにありました。
時間のある方は一度作られてみては。

2005年11月21日

CODE BREAKER

CODE BREAKER

 以前紹介したマスターマインドと同じ類の推理ゲーム。
1〜9までの数字の配列を当てるのが目的です。
青いエリアの数字をヒントに8回以内に当てましょう。
詳しい解説はリンク先にありますのでご覧下さい。
尚、図の例では「9」の位置が確定されます。
マスターマインドと比べるとヒントが多いので4回以内には当たるようです。

2005年11月22日

dbook-transp

dbook-transp

 ついにディスプレイの透明化に成功か、と思えるような映像です。
みずほN◇MIZUHO(N)さんで見つけたのですが、リンク先には動画しかないので、もしかしたら開発中の本物の可能性も・・・。
尚、フェイク画像の透明ディスプレイは下記リンク先に沢山掲載されています。
Transparent Screens

2005年11月23日

マインドゲーム

下記は古いハードディスクから発掘した、出所が不明になってしまったものです。
指示に従って進んで下さい。

-----------------------------------------------------------

1つ1つ進んでください。
 
>>
>>
>>
 
このマインドゲームはかなり不思議です。
 
>>
>>
>>
 
次の注意に従ってゲームしてください!!
 
>>
>>
>>
>>
 
※はやくスクロールして下のほうの文章を読んではいけません!
 
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
 
なるべく一行ずつ、スクロールしましょう。
 
>>
>>
>>
>>
>>
>>
 
計算はできるだけ早く、アタマの中でしましょう。
 
>>
>>
>>
>>
>>
>>
 
Here we go!!
 
>>
>>
>>
>>
>>
>>
 
次の質問に答えてください。
 
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
 
2 + 2 ?
 
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
 
4 + 4 ?
 
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
 
8 + 8 ?
 
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
 
16 + 16 ?
 
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
 
12 と 5 の 間 で 思 い つ く 数 字 は ???
 
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
 
選びましたか?
 
>>
>>
>>
>>
>>
>>
 
ではちっとスクロール・・・
 
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
>>
 
あなたの選んだ数字は、「7」ではないですか???どうでしょう?

-----------------------------------------------------------

いかがでしたでしょうか?
私が今まで読んできたマジック、パズル関係の本には載っていなかったものです。
今までの経験では7割程度当たりました。
当たると本気で不思議がる人が結構います。
尚、口頭でも行う事ができ、特に相手に少しアルコールが入っている状態だと的中率が高いようです。

続きを読む "マインドゲーム" »

2005年11月24日

3D ギャラリー

3D ギャラリー

 先日紹介しましたReal Time 3D Illusionですが、Hiro Iroさんの情報から元アドレスが判明しました。
上記リンク先の下部に3D不可能図形とその型紙(PDF形式)があります。
HPはこちらのよう。
どうやら高校の数学の先生をなさっているようで、いろいろと見てみると面白そうです。
尚、以前紹介したモンティ・ホール・ジレンマもスライドショー形式でありました。
Monty Hall’s Dilemma

2005年11月25日

Deep Space Deli

Deep Space Deli

 サンドウィッチを作るパズルゲームです。
縦・横・斜めにサンドウィッチの具材をパンで挟んでいきます。
材料を余らせてはいけません。
最初のうちは簡単なのですがレベル4から急に難しくなってきますので、よく考えないとすぐに行き詰まってしまいます。

続きを読む "Deep Space Deli" »

2005年11月26日

知能指数判定テスト

知能指数判定テスト

 某社による知能指数判定テストの一部。
2年程前にやったのですが、あきれてハードコピーで保存したものです。
今はWeb上から無くなったようなので、迷惑がかかるような事は無いと思い、取り上げることにしました。

先ずはクリックして別ウインドウを開いて下さい。

この問題には大きな欠陥が2つあります。(他にもツッコミどころがあるのですが)
1つ目は「サイコロの表と裏の目の合計は必ず7になる」事が明記されていません。
マジシャンやパズル家にとっては常識以前の事実ですが、誰もが知っているとは限らない筈です。
一般常識テストではないのですから。

さて、もう1つの欠陥は皆さんへのパズルとして出題します。
この問題のどこがおかしいのでしょうか?

高校生以上の方は出来るだけ頭の中だけで考えてください。
もし難しければ紙と鉛筆で。
それでもわかならければ、実際にサイコロを4つ使って図(及び設問)のとおりに並べてみましょう。

2005年11月27日

Needle thru Arm

Needle thru Arm

 ニードル・スルー・アームというマジックです。
マジックですから当然血は本物ではありません。

私が初めて見たのはマリック氏のテレビ番組。
腕ぐらいなら実際に刺す人もいるし、どうせ特殊メイクの類だろうと思い、このマジックには全く興味をひかれませんでした。
後日、友人に見せてもらうまでは・・・。
目の前でみても本当に刺さっているようにしか見えず、タネも特殊メイクではなかったのです。
現象そのものよりタネに感心して、その後マジックショップから買ってしまいました。
(悪趣味なので今まで人前で演じた事はありませんが)

2005年11月28日

Rush Hour

YELLOW OUT

 黄色の車を駐車場から出して下さい。
いかに他の車を上手に移動させるかが鍵です。

これはRush Hour系のスライディング・ブロック・パズル。
恥ずかしながら『パズルの宣教師』を読むまで、原案が芦ヶ原伸之氏だとは知りませんでした。

Rush Hour系パズルが好きな方は下記もどうぞ!
Highway
Gridlock
Traffic Jam
FREE THE PHARAOH

(extra) If you are 18 or more, click the period.

尚、現物が欲しい方はパズル工房「葉樹林」さんなどで購入できます。(HPはこちら

2005年11月29日

David Copperfield Can Fly

David Copperfield Can Fly

 デビッド・カパーフィールド氏の『フライング』です。
それまでの助手を宙に浮かべる人体浮揚から術者自身が宙に浮く空中浮揚への転換点となるマジック。
輪を通したりするあらためが不要に思える程、自在に宙を舞っています。
本当は人間も空を飛べるのではないかと思えるぐらいに。
アメリカでのショーの噂を聞いていた当時、友人にビデオをダビングしてもらって見ました。
何度ダビングを重ねてきたのか、画像はかなり悪いものでしたが、噂以上の素晴らしさに感動したものです。

2005年11月30日

Classic Checkers

Classic Checkers

 ボードゲームのチェッカーです。
飛び越すことによって相手の駒を取る事が出来ます。
最終的には相手の駒を全部取るか、動けなくさせれば勝ちです。
ちょっとコンピュータ側が弱すぎるのが残念!

もう少し詳しいルール解説は下記をご覧下さい。
チェッカー