« 2005年07月 | メイン | 2005年09月 »

2005年08月 アーカイブ

2005年08月01日

?駅

どこの駅でしょう?
クリックすると拡大します。

正解はpya!さんで御覧下さい。(一番下に解答があります)
私は目が悪いので下の画像を裸眼で見ると確かにそのように見えます。
これに気づいた人はやはり目が悪いのかな?

2005年08月02日

nemo

nemo

みずほN◇MIZUHO(N)さんで見つけました。
基本的には「イラストロジック」とか「エデル」とか「ピクロス」等と呼ばれるパズルと一緒です。
が、制限時間内に終わらなかった場合や5回間違えた場合はゲームオーバーになります。
どうやらプログラムで問題を作成しているようで、最後に絵にはなる事はありません。

尚、ルールをご存知ない方は下記に詳しいです。
エデルの遊び方【パズルジャパン】

2005年08月03日

Skeleton Marionette

Skeleton Marionette

大変見事な糸あやつり。
ユーモラスでかわいらしいガイコツ人形が主役です。
ここまで表現できるのかと驚く程の職人芸を御覧下さい。
以前エルエルさんで見たお気に入りの動画だったのですが、リンク切れになってしまったので新たに探しました。

2005年08月04日

Light Up

Light Up

新しいパズルが増えていたのでよく見たら、ニコリの「美術館」でした。
このパズルは、全ての白マスをライト(〇印)で照らす事が目的です。
但し、以下のルールに従わなければなりません。
・数字が入っている黒マスは、そのマスの上下左右にあたる白マスに設置すべきライトの数を表しています。
・ライトはそのマスから黒マスに当たるまで縦横に照らします。
・ライトが設置してあるマスは、他のライトで照らしてはいけません。
尚、複数解が存在します。

2005年08月05日

Splashback

Splashback

Gari@Suta-GUTIさんで見つけた、パズルゲームです。
スライム状のものをクリックする事によって大きくし、弾けさせて消していきます。
クリックできる回数は右上のタンクの数字です。
連鎖させて大量に消すとタンクの数字が増えますので、できるだけ連鎖させましょう。
今のところレベル16が自己ベストです。
思った通りに消えないのが何とも悔しいところ。

2005年08月06日

世界が透けて見える - X線の眼を持つ少女

以前、下記を読んでから興味深く思っていました。
世界が透けて見える - X線の眼を持つ少女
世界が透けて見える - X線の眼を持つ少女 (2)
私は超能力を全て否定する気ありません。
が、超能力者と呼ばれる者の大半(あるいは全て)がエセ超能力者であるのも事実です。
先日、上記少女に関する非常に面白い記事を見つけました。
超能力少女ナターシャの実験に立ち会ったゾの巻
私はほとんどテレビを見ないので知らなかったのですが、『奇跡体験!アンビリバボー』に出演したようです。
テレビを御覧になった方はこの舞台裏も読まれる事をお薦め致します。

2005年08月07日

Origami Bowl

Origami Bowl

ご存知の方も多いかもしれませんが、長方形の紙で作るちょっと便利な折り紙です。
解説は英語ですが、簡単なので写真だけ見れば覚えられます。
多少雑に折っても綺麗に出来ますし、かなりの容量を入れる事が出来ます。
不要な折込広告などで作ると良いかも。
みずほN◇MIZUHO(N)さんより。

2005年08月08日

TYLERK'S PICROSS

TYLERK'S PICROSS

小太郎ぶろぐさんで見つけたピクロスです。
nemoは絵にはなりませんでしたが、これは絵が出来ます。
15×15マスで30問ありますので、それなりにやりがいがあると思います。

2005年08月09日

coyote

coyote

コヨーテは人に見られる事が嫌いだそうなので、野生のコヨーテをフィルムに収めるのは困難らしいです。
なので、これはかなり貴重な動画かもしれません。
鳴き声と共にコヨーテらしきものが映っています。
わずか一瞬なので、目を凝らして御覧下さい。
この情報はSukima Windows Plusさんで見つけました。

2005年08月10日

ハート


本日8月10日は「健康ハートの日」なので、pya!さんよりハートの画像を。
リングの曲面への射影がハートになるとは、ちょっと思いつきません。
素晴らしいの一言です。

2005年08月11日

SPY-PAL

SPY-RAL

探偵ファイルさんのバー「SPY-RAL」では、毎週木曜日はマジックショーを行っているそうです。
出演マジシャンは、画像のジュンヤ氏と南海子女史。
上記リンク先に動画が数本あります。
場所や料金表もこちらに詳しく掲載されていますので、お近くの方はいかれてみては?

2005年08月12日

INUYASHA Demon Tournament

INUYASHA Demon Tournament

テレビアニメ『犬夜叉』のキャラクターを使った対コンピュータのカードバトルゲームです。
解説は全て英語ですが、読めなくてもルールはすぐにわかると思います。
キャラクターによって攻撃力や攻撃範囲が異なるので、自分や相手のキャラクターの特性に合わせた戦略が必要になります。
出来が良いので、ついはまってしまいました。
(原作を知っているともっと面白いのかな?)

2005年08月13日

a = 2a

a = 2a

「1は2に等しい」の証明です。
よく知られているパラドックスですが、ご存知ない方はどこがおかしいのか考えて見て下さい。

「1 = 2の証明」

・任意の数 a と それに等しい数 b をとる
a = b

・両辺に b を掛ける
ab = b2

・両辺から a2 を引く
ab - a2 = b2 - a2

・因数分解して
a ( b - a ) = ( b + a ) ( b - a )

・両辺を ( b - a ) で割る
a = b + a

・a = b なので
a = 2a

・両辺を a で割る
1 = 2

2005年08月14日

Criss Angel Levitation

Criss Angel Levitation

スピードネーターさんより、クリスエンジェル氏の路上での浮揚マジックです。
尚、氏のHPにも(短いですが)動画が幾つかあります。
こちらからどうぞ!




巡回先であるなーきーだいありーさんがINUYASHA Demon Tournamentを紹介してくれていて、ビックリ!
私のBlogへのアクセス数など多くて一日10件ぐらいだろうと思っていました。
マジック、パズル、トリックがメインのため、閲覧者が限られてくるだろうと考えていたからです。
Blogを開始した当初以来見ていなかったアクセスlogを調べて、もう一度ビックリ!
意外に多くの方に見て頂いているのですね。
ここを見ているのは知人ばかりだと思っていたのですが、今後は考えを改めないといけません。
御覧の皆様、これからもよろしくお願いします。
そして、なーきーだいありーさん、ご紹介頂きありがとうございました。

2005年08月15日

La Luna Hotel

La Luna Hotel

クリックしてアイテムを入手しながら謎を解いていく、脱出系ゲームです。
論理パズルや上海などのパズルを解かなければ先に進む事が出来ません。
全て英語ですが、中学生程度の英語力があれば理解できる易しさです。
(それでも私は日本語の同様の問題に比べると、かなり時間がかかりましたが・・・)
この種のゲームの中では、比較的簡単なので自力でクリアを目指して下さい。

2005年08月16日

Mach den Konzentrationstest fur Manner!

 Mach den Konzentrationstest fur Manner!

 sasapong!!さんで以前見つけたのですが、blogを始めたばかりだったので品性に欠けるかもしれないと思い、お蔵入りさせていたモノ。
予想外のアクセス数に気を良くして引っ張り出してきました。
Mr.Zhong part 1と同じく「スリー・シェル・ゲーム」です。
先ずは上記リンク先にて、ボールの行方を当ててください。
ここから下はやった方のみ、お読みください。




当てる事が出来ましたか?
これ、非常にユニークなトリックなのです。
1つは、思いがけないモノの出現により一瞬判断力を狂わすフィジカル・ミスディレクション。
そしてもう1つはサイコロジカル・ミスディレクション。
このサイコロジカル・ミスディレクションには気づかない方も多いでしょう。
数回繰り返した結論ですが、初回には当たりがないものと思われます。
'Versuch es noch mal'をクリックする事で繰り返し行えますが、二度目以降は正解があります。
なので、最初は思わず目を奪われて間違えてしまったのだと、判断してしまうのが普通です。
巧みに心理の盲点をついたマジシャン顔負けのトリックです。

続きを読む "Mach den Konzentrationstest fur Manner!" »

2005年08月17日

世界初?立体視、3Dブログエントリー

世界初?立体視、3Dブログエントリー

 3Dによるブログだそうです。
立体視をして隠されたメッセージを読んで下さい。
モニターが大きいと立体視がきついので、画像をコピーして画像ソフトで縮小するといいかも。
(私も17インチモニターなので70%に縮小しないと立体視が出来ませんでした。)
以前紹介したアスキーステレオグラムスクリプトと似ていますが、別種です。
情報元はできそこないβ版さん。

アルファベットによる同様のものを、どこかで見つけてハードディスクに保管していましたのを思い出しました。
同じく立体視をするとある英文が浮かび上がります。
こちらからどうぞ!

2005年08月18日

Teleportation Magic Trick

Teleportation Magic Trick

 量子論によるミクロの世界では「トンネル効果」や「量子テレポテーション」など、テレポテーションがあり得るらしい。
マクロの世界でもマジックの力を借りれば・・・。
現象がシンプルで分かりやすく、余計な時間をかけずに行うのがうれしいところ。
カメラトリックも抜け穴も無いとしたら、やっぱりアレかな?
つぶやき小屋さんより。

2005年08月19日

四字熟語FLASH

四字熟語FLASH

 漢字をクリックで交換しながら四字熟語を作ります。
それほど難しい熟語はありません。
一般教養レベルで、中学生でも知っていておかしくないレベルでしょう。
全部で7面までありますが、アクセスするたびに問題が変わるようです。
それにしてもバラバラの漢字を元の熟語に戻すのがこれほど難しいとは!
私の場合、7面の最後に残った漢字が「役」「人」「二」「一」でした。
よりによってこの四字熟語に気づかなかったショックは大きかったです。
Hiro Iroさんで知りました。

2005年08月20日

不可能物体ギャラリー

不可能物体ギャラリー

不可能物体を趣味で作られている方のページです。
木材、カード、輪ゴムなどを使用して、一見不可能にしか見えない物体をいろいろ作っていらっしゃいます。
ちょっと信じられないような写真をたくさん掲載されており、見てるだけでも楽しいです。
頭脳と手先に自信のある方は挑戦してみるといいかも?

2005年08月21日

Banksy vs. The West Bank

Banksy vs. The West Bank

Banksy氏による壁に描いた素敵なトリックアート。
イスラエルとパレスチナの間の壁に描かれているらしく、風刺がこめられています。
氏のホームページはこちらで、作品はこちらから御覧になれます。
Gari@Suta-GUTIさんで知りました。

2005年08月22日

ラッキー画像

ラッキー画像

 この画像を保存して縮小表示でみたとき子犬が出た人はラッキーになれます・・・だそうです。
要するにWindowsXPの所有者はラッキーになれる!?
(WindowsXPのサムネイルでないと見る事が出来ません)

不思議な時計の画像WindosXPのサムネイルに続く、第三弾です。
この類の画像を作成する専用ソフトがあるようですね。
秒刊SUNDAYさんで知りました。

2005年08月23日

EL Exorcista

EL Exorcista

 蒸し暑く寝苦しい夜にピッタリの間違い探しです。
昨年公開された『エクソシスト ビギニング』の販促ゲームらしく、画像もBGMもおどろおどろしい雰囲気がよくでています。
上の画像を見て、下の画像の違っていると思われるところをクリックしていけばOK。
違いは全部で5つです。
頭を悩ますようなパズルではないので、気軽にチャレンジして下さい。
ザイーガさんより。

2005年08月24日

Checkershadow Illusion

Checkershadow Illusion

 ネット上ではよく知られた錯視画像なので、今更感があるのですが、紹介しない訳にはいきません。

図のチェッカーボードにおける「A」のマスと「B」のマスでは、明らかに「A」のマスの方が黒っぽく見えます。
が、実はこの2つのマスは同じ色です。
私も初めて見たときは信じられずに、画像ソフトを使って色を確認しました。

さてこちらは上記のパロディ画像です。
阪神ファンの方には上記より、この方がお勧めかも!?



今まで文字化けがあったようです。
多分、これで直ったのではないかと思います。
笑門来福さんが参考になりました。

2005年08月25日

Colour Perception

Colour Perception

 昨日に続いて違う色に見える錯視図形です。
俺様イズムさんで見つけたました。
上記リンク先の'illusion 1'を御覧下さい。
左右の十字部分の中央は同じ色です。
見た目では青と黄色に見えるのですが・・・。

2005年08月26日

figure1

figure1

 引き続き、違う色に見える錯視図形です。
図の白く見える部分と黒く見える部分は同色です。
上記リンク先より、"Play Illusion"をクリックして実際に確かめて下さい。

2005年08月27日

figure2

figure2

 シリーズ最終回です。
「プロフェッサーキューブ」のようなオブジェクトの中心部の色は同じです。
茶色とオレンジのようにしか見えない人は、上記リンク先から"Play Illusion"をクリックして確かめてみましょう。

2005年08月28日

Let's have some pie!

Let's have some pie!

 図のパイをなるべく少ない回数で食べきって欲しいのです。
16口、17口ならば簡単ですが、目標は15口。
見事成功すれば'CONGRATULATIONS!'と表示が出ます。




あそびをせんとやさんがここを紹介してくれたのを知りました。
私にとっては「驚天動地」「感恩戴徳」「感慨無量」といったところ。
ネットでもパズルでも大先輩なので恐縮の至りです。
ありがとうございます。

パズルマニアの方はすでにご存知だと思いますので、私のサイト等でパズルに興味を持たれた方には、是非御覧になって欲しいサイトさんです。

2005年08月29日

Chriss Angel lights himself on fire....I mean....watch

Chriss Angel lights himself on fire....I mean....watch

 ファイヤー、 ファイヤァァァ〜
 ファイヤースティック 手に持ってぇ〜
 替われっ! 替われぇ〜っ!
という訳で、ある日突然燃える大ピンチに'Fireman'に替わってしまう神秘のマジックです。
やはり誰かが不思議の謎を解かねばならぬのでしょうか!?

すみません、調子に乗ってしまいました。
極々一部の方にしかわからないと思いますので、上記はスルーの方向でお願いします。
さて、つぶやき小屋さんで見つけたクリス・エンジェル氏のマジック動画です。
それにしても観客を映しすぎのような気がします。
カメラフレーム外で何かやっている印象を拭えないのでは・・・。

2005年08月30日

GRID LOCK

GRID LOCK

 3D迷路のアクションパズルです。
この迷路の最大の特徴は、重力という要素が加わっているところ。
このようなオブジェが迷路のあちこちにあり、触れると重力方向が変わります。
即ち、壁が天井に床が壁になるのです。
この奇妙な空間から無事に脱出(?)できますか?

矢印キーで移動、スペースキーでジャンプです。
又、「E」と「R」で視点が変わり、それぞれ「見上げる」「見下ろす」になります。
最初は操作に少し戸惑うかもしれません。

2005年08月31日

The Ultimate Wooden Puzzle

The Ultimate Wooden Puzzle

『究極のパズル』とはパズル好きの間では有名な本のタイトルです。(正確には『芦ヶ原伸之の究極のパズル』)
究極のパズルとは一体どんなパズルでしょう?
そもそも究極とは概念の言葉であり、現実世界では存在し得ないような気がします。
ところが・・・。
『The Ultimate Wooden Puzzle(究極の木製パズル)』という代物をI'm boredさんで発見!
これぞまさに究極!
私も一つ欲しくなりました。
欲を言えば『The Supremacy Wooden Puzzle(至高の木製パズル)』も欲しいところ。