« ネッカーの立方体 | メイン | HECHIZO »

ネッカーの立方体2

引き続きネッカーの立方体です。
ただし今回は平面上でなく、写真のように立体で同じ事を行ってみます。
マッチ棒や竹ヒゴ、針金などで作って下さい。
写真は小学生の教材を利用しています。(数え棒でしたっけ?)
この立方体を片手の親指と人差し指で持ち、一番遠い位置の頂点が一番手前にあると見えるように努力して下さい。
平面の時と一緒ですが、今度は本当に立体なので少々難しいです。
そして反転して見える状態のまま、少しだけ立方体を指先でゆっくりと回転させます。
ものすごく不思議な感覚にとらわれるはずです。
言葉では説明しづらいので、是非実際に作って体験してみてください。

コメント (2)

匿名なのに、私には誰だか分かる・・・(^_^;)ありがとう。。。

コメントを投稿