« 2005年02月 | メイン | 2005年04月 »

2005年03月 アーカイブ

2005年03月01日

顔風船

顔風船

利用できるものは何でも利用して上へ登り詰めて、首を取ってくるお話、だそうです。
あちこちクリックして謎を解きながら進んで下さい。
この類のゲームの中では易しい部類です。
難しいのは犬(?)のパネルのところぐらいでしょうか?
情報元はエルエルさん。

2005年03月02日

日本のマジック

日本の古いマジックです。
小さな碁盤状の板の上に100円玉を置いて湯呑でフタをすると、置いたはずの100円玉が消えてしまいます。
泡坂妻夫氏の『11枚のとらんぷ』というミステリにもこのマジックの描写があります。
この本によると昔は縁日などでも売っていたようです。
多分、数百円程度だったのではないかと思われます。
でも今は日本では作っていないようで、海外のマジックショップでは20ドルぐらいで販売していました。
何とももったいない話です。

2005年03月03日

RSVP

RSVP

カードを使ったパズルゲームです。
ルールは隣同士カードの色を一致させる事。
4回まで配りなおす事が可能で、ワイルドカードはどんなカードの替わりにも使えるので便利です。
全部揃えば次のステージに進めます。
単純ですが面白いアイデアです。

2005年03月04日

三ツ矢サイダーキャンペーン

ファミリーマジックプレゼント

今、三ツ矢サイダー1.5リットルのペットボトルを買うとオリジナルマジックグッズがついてくるそうです。
プロデュースが〓テンヨーなので期待度大。
全部で6種類だそうですが、ちょっと集めてみたくなりました。
又、袋の中に当たりが出たら「マギー審司のマジックセット」がもらえるそうです。

2005年03月05日

新札の偽造防止義技術

新札に隠された事実

新札の表裏には「ニ」「ホ」「ン」の文字が0.5〓程のサイズでバラバラに書かれているそうです。
この事実は公表されているものではなく、自力で発見したとの事。
誰が為に鈴は鳴るさんより。
実際に千円札を見たところ、本当に微細文字でした。
よく見つけたものです。

尚、公表されている偽造防止技術はこちらをどうぞ。
平成16年11月1日発行の新日本銀行券様式

2005年03月06日

暗い日曜日

聴いた人が次々に自殺をしてしまった『暗い日曜日』という曲があります。
ゆえに放送禁止や発売禁止の処分を受けたそうです。
私がこの話を知ったのは20年程も昔の事ですが、どんな曲か今まで知りませんでした。
が、この度エルエルさんのところで遂に見つけました。
聴いてみたい方はどうぞ。『暗い日曜日』

2005年03月07日

ジグソー・パズル ジェネレーター

Puzzle maker

ローカルフォルダにある画像をWeb上でジグソーパズルにしてくれるサイトです。
画像はJPG、PNG、GIF、BMPをサポートしてますし、ピースサイズも3種類から選べます。
手軽に楽しめて便利です。
私が作ってみたのはこちらです。

2005年03月08日

テレスコープ

Telescope game First 15 levels

Telescopeをクリックして伸ばしたり縮めたりしながら黒い穴へ誘導するパズルゲームです。
Level1とLevel2が解説になっているのでルールはすぐに把握できると思います。
レベルが上がるにつれてTelescopeの数が増えていきますが、見た目より易しいです。
クリアできたら、次のレベルにも挑戦してみましょう。

Telescope game Levels 16-25
Telescope game Grandmaster levels

2005年03月09日

モンティ・ホール・ジレンマ

あなたの前に外見が同じ3つの箱があり、好きな箱を1つ選ぶ事が出来ます。
1つの箱には賞金が入ってますが、あとの2つの箱の中はカラです。
あなたが1つの箱を選んだ後、箱の中身を知っている人が、残りの2つの箱のうちの片方を空けてカラである事を示しました。
さて、この時点で1度だけ選んだ箱を交換するチャンスを与えられたとします。
交換した方が良いでしょうか? 交換しない方が良いでしょうか?それともどちらでも一緒でしょうか?

『モンティ・ホール・ジレンマ』と呼ばれるこの問題は、高名な数学者までもが間違えたそうです。
答えは大抵の方の予想を裏切って「交換した方が良い」が正解です。
箱を交換すると当たる確率は2倍になります。

この問題に興味のある方、答えに納得がいかない方は『モンティ・ホール・ジレンマ』で検索してみて下さい。

2005年03月10日

君が代

Full we care cow was to became middle note.

上記英文はExcite翻訳を使うと「完全な私たち、牛がいた注意は中央注意になりました。」
となります。
が、勿論これは「古池や蛙飛び込む水の音」が正解です。(分からない人は音読してみよう)
この類のものでは、「ほったいもいじるな(What time is it now?)」が有名でしょう。

短文では何とか作れるかもしれませんが、長いものになると大変です。
数年前にネットで国歌『君が代』バージョンを見つけた時は喜んでコピペして保存しました。

君が代は
kiss me, girl, and your old one
千代に八千代に
a tip you need, it is years till you're near this
さざれ石の
sound of the dead will she know
巌となりて
she wants all to not really take
苔のむすまで
cold caves know moon is with whom mad and dead.

尚、ほったいもいじるなさんでは、自作を大量に公開されてます。

2005年03月11日

文字による錯視

さんで見つけた文字による錯視です。


アロマ企画アロマ企画アロマ企画アロマ企画アロマ企画アロマ企画アロマ企画

画企マロア画企マロア画企マロア画企マロア画企マロア画企マロア画企マロア

アロマ企画アロマ企画アロマ企画アロマ企画アロマ企画アロマ企画アロマ企画

画企マロア画企マロア画企マロア画企マロア画企マロア画企マロア画企マロア

アロマ企画アロマ企画アロマ企画アロマ企画アロマ企画アロマ企画アロマ企画

画企マロア画企マロア画企マロア画企マロア画企マロア画企マロア画企マロア

コニア画コニア画コニア画コニア画コニア
コニア画コニア画コニア画コニア画コニア

画アニコ画アニコ画アニコ画アニコ画アニ
画アニコ画アニコ画アニコ画アニコ画アニ


文字が傾いて見える不思議!

2005年03月12日

The CCL Game

The CCL Game

落ちてくる箱を決められたアイテムを使って出口まで誘導するパズルゲームです。
この箱というのがパソコンの部品を意味しているようで、徐々にパソコンが組みあがっていきます。
アイテムは全部使わなくても出来る面もあるし、解答が1つだけという事も無いようです。
1つの面に対して失敗は10回まで。
小太郎ぶろぐさんより。

2005年03月13日

錯視のシルエット

Silhouette Illusion

サイトの説明によりますと、一定方向にまわり続けている人のシルエットがふとした瞬間から逆方向にまわりはじめるような錯覚が起こります、との事。
右回りに見えていたのが、いつの間にか左回りに・・・。
でも、自分の意思で見方を変えるのはなかなか難しいです。
多分、エイムズの窓と同じ様な原理ではないかと思うのですが。
情報元はTricksteRさん。

2005年03月14日

エイムズの窓

Ames' Window

昨日少し触れた「エイムズの窓」の錯視効果を使った動画です。
窓枠に棒が固定されたまま回転運動をしているのですが、ありえない動きをしているようにしか見えません。
棒と窓枠が反対方向に動いているように見えます。
タネを明かすと窓枠が台形をしているだけなのですが。
頭の中ではわかっていても目が騙されてしまいます。

2005年03月15日

Trapped

Trapped

自機を操作して謎を解きながら各所に散らばる鍵を集めて先へ進むパズルゲームです。
これは初めての作品らしく、非常に簡単です。
が、"Trapped 2"、"Trapped 3"と続編が出来るに従って難しくなってきました。
"Trapped 4"、"Trapped 5"では、かなりアクション要素が加わりマップも広くなっています。
是非、順番にチャレンジしてみて下さい。

Trapped 2
Trapped 3
Trapped 4
Trapped 5

2005年03月16日

アマゾンを利用したフォント・ジェネレーター

amaztype

ザイーガさんで知った、ユニークなフォントジェネレーターです。
アマゾンの本やCD、ビデオを使ったフォントが作れます。
個々の素材をクリックすれば詳細も表示されるという便利な一面もあって楽しさ倍増。
日本語が使えるところもうれしいです。
ちなみに上の画像をクリックするとフォントが出来ていくところが見られます。

2005年03月17日

アルチンボルド

Olga's Gallery

16世紀の画家アルチンボルドの紹介サイトです。
彼は野菜などを組み合わせて人の顔などに見せる「寄せ絵」の第一人者です。
名前は知らなくても絵の方は幾点か御覧になった方も多いと思います。
sasapong!!さんでこのサイトを知りました。
尚、興味のある方はこちらもどうぞ。

2005年03月18日

コインロール

The Coin Walk

コインロールという技法でフラリッシュとして使われます。
片手で3枚のコインロールというのを初めて見ました。
情報元はあくじきさん。
私も小学生時代に練習して覚えたのですが、その頃はまだビデオなど無く、もっぱらマジック番組で見たのを覚えていて練習したものです。
最初は右手で親指側から小指側へ、慣れてきたら連続で、さらに小指から親指へ逆移動、そして今度は左手で同じ練習を。
それなりに練習したつもりですが、我流のせいか自分でもあまり上手だとは思いません。
もし、これから練習しようと思う人はこちらの方が勉強になるかと思います。

2005年03月19日

UNLOCK

unlock

ひろぶろさんで見つけました。
仕掛けの施された扉を開いていくパズルゲームです。
実はこれ、数年前に挑戦して4ステージ目で行き詰まってしまいました。
後でやろうと思っていたのですが、アドレスを保存し忘れたために行方不明に。
久しぶりに旧友と再会したような気分です。

2005年03月20日

ポーカー・チップ・トリック

Poker Chip Tricks

流行りなのか、今度は小太郎ぶろぐでコイン系のフラリッシュを見つけました。
動画ではポーカーチップを使っていますが、コインでも同じ事が出来ます。
私は500円玉が出始めた頃にロールダウンを練習しました。

2005年03月21日

芦ヶ原伸之氏の不可能物体

先日画像の整理をした時に出てきた画像で、以前にどこかで拾ったものです。
どこかで見た画像だと思い、よくよく考えたら『芦ヶ原伸之の究極のパズル』の表紙でした。
一見すると在りえない物体に見えますが、現実に作れる物です。
もちろんCG加工とか無しで。
確か同書にタネあかしが載っていたと思います。
(画像をクリックすると大きくなります)

2005年03月22日

モンスター・アタック

monster attack DHTML

ザイーガさんで知った面白いプログラムです。
画像はYahooのアドレスを入力したものですが、実際に試したい方はこちらをクリック。
使い方はとっても簡単で、上のリンク先からURLの欄に任意アドレスを入力するだけ。
ちょっとしたお遊びにどうぞ!

2005年03月23日

ウェブサイトを破壊せよ

Netdisaster

昨日紹介したところと似たサイトを、sasapong!!さんで見つけました。
こちらをクリックして実際に試して下さい。
オプションが幾つかあるので、いろいろ遊べるのが魅力的です。

2005年03月24日

消える点

Motion Induced Blindness

sasapong!!さんで紹介されていた錯視を体験できるサイトです。

中央部の点滅する点を見つめていると、三角形に並んだ黄色の点の幾つかが消えてしまいます!
実際は黄色の点は消えてはいないのですが…。
右側のオプションで回転速度、背景色、点のサイズが変更できます。

2005年03月25日

BLOX

BLOX

ひろぶろさんで紹介されていたパズルゲーム。
同色ブロックをドラッグ&ドロップでつなげて消していきます。
最初は易しいのですが、レベルが上がっていくとすぐに手詰まりになってしまいます。
どこかで見たと思ったのですが、こちらにそっくり!(違う面もあるのかな?)
又、こちらにも同種のパズルゲームがあります。

2005年03月26日

赤外線反応トランプ

先日、カジノバーが赤外線に反応するマークトカードを使って経営者らが逮捕されるニュースがありました。
ちなみにマークトカードとは、裏から見てわかるように印をつけたカードの事です。
以前からネットでは堂々と販売されているのではありますが…。
赤外線反応トランプ

2005年03月27日

Masters of Deception

Three Dimensional Belvedere

M.C.エッシャーの『Belvedere』を三次元で実際に作ってしまった福田繁雄氏の作品です。

こちらから彼の他の作品も動画で見る事が出来ます。

< 追記 >
上記リンクが切れていますので、動画はこちらから御覧下さい。

2005年03月28日

Nesquik Quest

Nesquik Quest

ウサギをゴールであるドリンクのところまで誘導してあげてください。
障害になるものをマウスクリックやドラッグ・ドロップで排除しましょう。
全部で8ステージあります。
以前やった時、ラストステージで苦戦した覚えがあります。

2005年03月29日

完全変形ゲッターロボ

完全変形ゲッターロボ

連邦を見ていたら、とんでもない記事を見つけてしまいました。(知っている人には何をいまさら、なのでしょうが)
完全変形ゲッターロボ、です。
ゲッターロボとは3台のメカが合体し、その組み合わせによって3種類のロボットに変形するという30年程前のアニメです。
アニメならではの無茶な変形合体シーンがあったのですが、それをガレージキット(というのでしょうか?)で作って販売しているそうです。
連邦の吉野氏は「非常に複雑な変形システム」で「知恵の輪みたいなもの」と記述され、元の形に戻す事が出来なくなったそうな。
一時間かけて変形させたようですので、ほとんどパズル並です。
ちょっと欲しくなりました。

2005年03月30日

カード・フラリッシュ

X-Treme Flourishes #1

ひろぶろさんで紹介されていたカード・フラリッシュです。
これはカード・フラリッシュが好きな方には有名なサイトの動画です。
こちらのサイトの中央付近から他の動画も見ることが出来ます。
バランス感覚が要求される技法が多く、かなり難度が高いです。

2005年03月31日

文字による錯視2

前回同様2バイト文字による錯視です。

ネオナチネオナチチナオネチナオネネオナチネオナチチナオネチナオネ
ネオナチネオナチチナオネチナオネネオナチネオナチチナオネチナオネ
ネオナチネオナチチナオネチナオネネオナチネオナチチナオネチナオネ
ネオナチネオナチチナオネチナオネネオナチネオナチチナオネチナオネ
ネオナチネオナチチナオネチナオネネオナチネオナチチナオネチナオネ
ネオナチネオナチチナオネチナオネネオナチネオナチチナオネチナオネ
チナオネチナオネネオナチネオナチチナオネチナオネネオナチネオナチ
チナオネチナオネネオナチネオナチチナオネチナオネネオナチネオナチ
チナオネチナオネネオナチネオナチチナオネチナオネネオナチネオナチ
チナオネチナオネネオナチネオナチチナオネチナオネネオナチネオナチ
チナオネチナオネネオナチネオナチチナオネチナオネネオナチネオナチ
チナオネチナオネネオナチネオナチチナオネチナオネネオナチネオナチ

たまたま見かけたので保存したのですが、どこで見つけたのかわからなくなってしまいました。