メイン | 2005年02月 »

2005年01月 アーカイブ

2005年01月01日

謹賀新年

新年おめでとうございます。
今日からネットショップを開業いたしました。
左上の- S H O P -からお入り下さい。
何卒よろしくお願い致します。


HAPPY NEW YEAR!!!

つぶやき小屋さんより

2005年01月02日

初夢

ネットショップついでにBLOGを始めてしまいましたが、実は全くと言っていいくらい、何もわかっていません。
スタイルシートも知りませんし、いまだにトラックバックが理解できていません。
やっていくうちに、わかるようになるのだろうか?
ネット上のルールやマナーも知識不足ですので、何か問題があればすぐに謝る用意だけはあります (^^;)

私は、トリック、からくり、仕掛け、ミステリー、パズル、錯覚、マジック、パラドックスと単語が大変好きです。
こちらではそういったものに関する事を中心に紹介していこうと思っています。
果たしてどうなるか全くわかりませんが、よろしくお願いします。

さて、初夢はもう見ましたか?
もっとも、いつ見る夢を初夢と呼ぶのか、諸説あるのですけど・・・。
下記の短歌を紙に書き、枕の下にしいて寝ると良い初夢が見られるという言い伝えがあります。
「長き夜の 遠の眠りのみな目覚め 波乗り船の音のよきかな」
ところで、この短歌には秘密があるのですが、わかりますか?

2005年01月03日

バーチャル正月

最近は元旦から営業しているところも多くなり、年々正月らしさが無くなっていくような気がします。
せめてバーチャルの世界で正月を楽しみましょう。

・書初め ・・・ まずは今年一年の抱負を書くのだ。
インターネット書道

・初詣 ・・・ まだ行っていない人は、せめて気分だけでも。
京都洛西バーチャル初詣

・おみくじ ・・・ 初詣に行ったら当然おみくじを引こう。本物の神社のおみくじを使っているそうなので当たりそう!
キイチ神社

・雪合戦 ・・・ 童心にかえって遊んでみよう。
雪合戦

・雪だるま ・・・ ついでに雪だるまも作っちゃえ。
雪だるま

・百人一首 ・・・ ほとんど覚えてませんでした。(>_<)ヽ
百人一首ゲーム

・双六 ・・・ ゴールするとプレゼントがもらえるんだ。
ゆうぞうくんすごろく

・ふくわらい ・・・ 誰かに似ているような気がするけど、きっと気のせいだろう。
ふくわらい

2005年01月04日

おばけけむり

ネットショップで販売している物の一つに「おばけけむり」があります。
「妖怪けむり」とか他の名称の場合もあるようです。

知らない方(いるのかな?)のために一応説明!
これはカードになっており、裏面の粘着剤のようなものを指につけて指の間でこすると煙のようなものが出てくるのです。
煙というより糸状の埃と言った方が近いかもしれません。
今はどうか知りませんが、たいていの駄菓子屋には売っていたようです。

今回は身近なものでこれを作る方法を紹介します。
用意するものはチューイング・ガムとメンソレータムだけ。
ガムをよく噛んで、それに少量のメンソレータムを混ぜ合わせます。
これを指に少量とって擦り合わせれば、「おばけけむり」もどきの出来上がり。
あまりきれいな方法ではないので、嫌な方は本物の方をお買い上げ下さい。(^^;)

もっと本物らしい煙の作り方があります。
必要なのはマッチ箱ときれいな灰皿。(汚れた灰皿はダメです)
マッチ箱の側薬(ヤスリ状の部分)をはがして、灰皿で燃やします。
燃やした後に黄色(茶色に近いかも)のヤニのようなものが残ります。
これを指先で擦り合わせると本物の煙に近いものが出てきます。
ただし、これは本当に少量しかとれませんので、「おばけけむり」の方がお買い得で… (x_x) ☆\(^^;) ポカッ!

2005年01月05日

お宝を探せ!

数ある宝箱の中から「本物のお宝」を探し出すゲームです。
ルールは簡単、当たりだと思う宝箱をクリックするだけです。
是非、探し出して下さい。
簡単なようで簡単じゃないかも、フフフ…。
尚、ハズレしかないんじゃないの、と言う人が少なからずいるのですが、間違いなく当たりがあります。
お宝を探せ!
絵が上手いと思ったら、漫画家のサイトでした。
トップはこちらです。FLASHと漫画の”ただし”ホームページ

2005年01月06日

ニム・ゲーム

交互にボール(真珠?)を取り合っていき、最後のボールを取った方が負けです。
一つの段から幾つ取っても良いのですが、同時に他の段からは取れません。
ただし最低一個は取らなければなりません。
同様のゲームがいろいろありますが、この類を総称して「ニム・ゲーム(NIM GAME)」と呼ぶようです。

pearls before swine
かなり手強いので必勝パターンを知らないとまず勝てないかも。
幾つか必勝パターンを挙げておきます。
1・2・3、1・4・5、1・6・7、2・4・6、2・5・7、3・4・7、3・5・6
この型に持っていけば必ず勝てるので、覚えておくと便利です。

pearls before swine 2
段数が増えて難しくなります。
実は二進法を利用した必勝方があります。
各段の残数を全て二進数に変換し、二進数の各位の"1"の個数が偶数になるようにする、というものです。
私にはどうしても紙と鉛筆が必要になります。

pearls before swine 3
LEVEL10まではやってみたのですけど、この先どこまであるのでしょう?

ちなみに"pearls before swine”は、「豚に真珠」という諺の語源らしいです。

2005年01月07日

テキスト読み上げ

Oddcast TTS Demo
10数カ国語に対応し、入力したテキストを読み上げてくれるサイトです。
画像をクリックしてみて下さい。
上記サイトで作った音声をハードディスクレコーディングしてmp3に変換してみました。

いつの間にか、以前は無かったはずの日本語が追加されていました。
それもかなり流暢な日本語で読んでくれます。

漢字も読めるようなので、ちょっとテストしてみました。
「東京特許許可局」は読めましたが、さすがにイントネーションが変です。
「薔薇」と「曖昧模糊」は読めましたが、「檸檬」と「魑魅魍魎」は読めません。
「五月蝿い」と「如月」はOKでしたが、「寿限無」と「師走」はダメでした。
「最中」はモナカでなく、サイチュウでした。
「生物」はイキモノでもナマモノでもなく、セイブツでした。
なかなか遊べます。 (^_^)

2005年01月08日

大予言

大予言
Webで行う予言マジックです。
「あなたの心の中で、黒色か白色かどちらかを選んでください」
あなたの選んだ色が当たります。
1/2の確率でなく、必ず当たってしまうのです。

インターネットで出来るマジックは、どうしても限られてきます。
数理トリックか心理トリックがほとんどでしょう。
私も予言マジックは少なからず見てきたつもりですが、これには驚かされました。

2005年01月09日

検索ダイアログボックスのバグ

検索ダイアログボックスに文字が書けます。
[情報元:Hiro Iro ]

1. インターネットエクスプローラーを起動
2. Ctrl+Fキーで検索ダイアログボックスを表示
3. Windowsキー押下
4. Altキー押下
5. ダイアログボックスの「キャンセルボタン」の真下あたりをクリック
6. 半角/全角キー押下

この時点で何か文字を入力すると、検索ダイアログボックスに表示されます。
これで遊んでいるうちに、別の裏技を発見しました。
文字を入力せずに次に進んで下さい。

7. 全角スペースを右端まで入力
8. Enterキー押下
9. 半角スペースを入力し続ける

表示が左に流れていきます。

2005年01月10日

あみだくじのトリック

1回百円で左のようなあみだくじを引けるとしたら、あなたはやりますか?
期待値を考えると、損は無いような錯覚をおこします。
が、これはElwood氏考案のあみたくじを利用した大変ユニークなトリックなのです。
あなたは絶対に1,000円を手にすることはできません。

氏のサイトにこの解説があります。あみだくじ詐欺

上記サイトのホームページです。不思議探求研究会
興味深い考察にあふれているので一読の価値があります。

続きを読む "あみだくじのトリック" »

2005年01月11日

Audi Illusions

Audi 'Illusions'
一見、ごく普通の車のCMに見えます。
が、よく見るとおかしなところが・・・。
まるでエッシャーの世界に迷い込んだかのようです。

2005年01月12日

THE HARMONY OF THE WORLD

16世紀の天文学者ケプラーは惑星の運行速度を音符に割り当てて、音楽にする事を考えたそうです。
数十年前には"THE HARMONY OF THE WORLD"というレコードにもなりました。
私がこの話を最初に知ったのは、確か坂根厳夫氏の『遊びの博物誌』だったと思います。
今はインターネットという便利なものがあるので、当時は聴けなかった音楽をようやく聴く事が出来ました。
ケプラーの惑星音階

ホームページがどこかよくわからなかったのですが、こちらのようです。音楽研究所

2005年01月13日

エイトクイーンパズル

8 Queens of Death
エイトクイーンパズルです。
チェス盤に8個のクイーンを置いていきます。
ただし、縦・横・斜めの同一線上に並ばないように配置しなければなりません。
もし同一線上に並ぶように配置すると、前に配置したものが消えてしまいます。

桂馬飛びの要領である程度は解決できますが・・・。
回転や鏡像を除けば、全部で12の解があるそうです。

2005年01月14日

キター

しばらく前に流行ったネタです。出所はたぶん2ちゃんねるでしょう。
該当サイトの"ー"を全て"━━━(゜∀゜)━━━"に変換します。
尚、JAVAスプリクトをオンにしておく必要があります。
1. 適当なホームページを開きます。(例えばYahoo! JAPANなど)
2. 下の一行をアドレス欄に貼り付けます。
JavaScript:document.body.innerHTML=document.body.innerHTML.replace(/ー/g,'━━━(゚∀゚)━━━');focus();
3. Enterを押します。

これはいろいろと応用が利きます。
例えばこんなふうに。
JavaScript:document.body.innerHTML=document.body.innerHTML.replace(/。/g,'( ̄ー ̄)ニヤリッ  ');focus();

他には、こんなものや
javascript:A=(d=document.body).innerHTML;AA=new Array("「","<br>   ∩___∩<br>   | ノ      ヽ<br>  /  ●   ● |   ","。?」","クマー<br>  |    ( _●_)  ミ<br> 彡、   |∪|  、`\<br>/ __  ヽノ /´>  )<br>(___)   / (_/<br> |       /<br> |  /\ \<br>  | /    )  )<br> ∪    (  \<br>       \_)<br>");i=0;while(i<AA.length){r=RegExp(AA[i],"g");A=A.replace(r,AA[i+1]);i+=2;}d.innerHTML=A;focus(0);

こんなものをどこかで見つけました。
javascript:A=(d=document.body).innerHTML;AA=new Array("さ","ちゃ","し","ち","す","ちゅ","せ","ちぇ","そ","ちょ","サ","チャ","シ","チ","ス","チュ","セ","チェ","ソ","チョ","だ","ら","ど","ろ","ダ","ラ","デ","レ","ド","ロ");i=0;while(i<AA.length){r=RegExp(AA[i],"g");A=A.replace(r,AA[i+1]);i+=2;}d.innerHTML=A;focus(0);

何が起こるか、お試し下さい。

2005年01月15日

アスキーステレオグラムスクリプト

Stereoscopic Vision in JavaScript
オンラインでアスキー文字を使った3Dステレオグラムが作成出来ます。(Javaスクリプト使用です)
まずはページ中ほどの">>Show Demo"をクリックします。
次にテキストボックスに8文字までのアルファベットを入力して"Render"をクリックすれば出来上がり。
又、"Use colors"にチェックを入れれば、カラーで作成されます。

試しに"BICYCLE"で作ってみました。
画像をクリックすると全体を見る事が出来ます。
[情報元:sasapong's room]

2005年01月16日

マスターマインド

Mastermind
「ヒット・アンド・ブロウ」と呼ばれる有名なゲームとルールは一緒です。
右下に8個のボールがあり、そのうち4個をコンピュータ側が選びます。
その4個のボールの色と位置を当てるゲームです。
色と場所の両方が合っているものがあればその数だけ白いボールが、色のみが合っていて場所が違うものがあればその数だけ黒いボールが右側に表示されます。
それをヒントに推理して、10回以内に正解にたどり着けばあなたの勝ちです。
論理的に考えていけば負ける事はまずありません。
この類のゲームとしては簡単な方で、ほとんどの場合6回もあれば当てる事が出来ます。

プログラム的にも易しいので、初心者が勉強のために良く作らされると聞いた事があります。

2005年01月17日

あなたが選んだカードが消えます!

MAJICK
FLASHによるWebマジックです。

1. 最初に"CONTINUE"を押します。
2. 裏向きの6枚のカードが表示されるので"BEGIN"を押します。
3. 表を向いたカードから1枚を心の中で選び、"CONTINUE"を押します。
4. カードをクリックするとシャフルされます。
5. あなたが選んだカードを思い浮かべながら"CONTINUE"を押します。
6. 1枚のカードが消えます。そしてそのカードはあなたが選んだカードのはずです。
7. "CONINUE"を押すと、残った5枚のカードが表向きになります。

さて、あなたが選んだカードは残りのカードの中にありますか?

実は同様のマジックはあちこちのサイトで見かけるのですが、これが一番お勧めです。

2005年01月18日

GROW

GROW ver.3
赤い球体の中央部に周辺の12個のアイテムを放り込んで成長させていくゲームです。
それぞれのアイテムには因果関係があり、放り込む順番によって成長が異なります。
全てがMAXまで成長すると2万点になり、"CONGRATULATIONS"のメッセージが表示されます。

アイテムは12種類あるので、その組み合わせは約4億8千万通りになります。
が、数回繰り返すと早いうちに成長させなければならないアイテム、後で良いアイテムがわかってきます。
さて、その最適な順番を見つけられますか?

尚、画像は間違った方向に成長させてしまった失敗例です。

2005年01月19日

トレジャーハンティング

探偵ファイル的トレジャーハンティング

探偵ファイルで、面白い企画をやっています。
暗号を解き、現地の写真を撮ってメールで送ると10万円がもらえると言うもの。
全部で3つの暗号がありました。

【暗号1】
18・9・18・2・18・14・18・11・6・10・12・4・26・21・18・24・18・14・18・5・6・19・12・5・5・2・26

【暗号2】
7uji9ol
258
7uj89ilk
258
79ik
247695
7uj9il
87412369
1478963
(以下略)

【暗号3】
初めに、神は天地を創造され
た。地は混
沌であって、闇が深
淵の面にあり、神の霊
が水の面を動いてい
た。神は光あれと言わ
(以下略)

以降は私の想像です。
ヒントになるかもしれませんので、自力で解きたい方は見ないで下さい。
ちなみに解読した訳ではありませんので、間違っている可能性は十分にあります。


パッと見たところ、どの暗号も非常に特徴があります。
暗号1は数字だけですが、最大の数字が"26"です。
26といえば多分アレだろうと思いますが、それだと簡単すぎるので多少ひねってあるかもしれません。
暗号2はと数字とアルファベットの行と数字だけの行で出来ています。
気になるのはアルファベットが異様に偏っている事と、同一行に同じ文字が無い事です。
これはあるものに当てはめれば良さそうです。
暗号3はひと続きの文章ですが、妙なところで改行しています。
これは旧約聖書の創世記のようなので、縦(斜め)読み、句読点ごとの文字数という事は無いでしょう。
一行の最大文字数が21文字だし、アレっぽい気がします。

2005年01月20日

夢の世界

数ヶ月前、あちこちのブログで見かけて「夢の世界」を見る方法です。

「5秒間目を閉じてWindowsキーとEを同時に押し続けて目を開くと夢の世界が広がってるよ」
ちなみにWindowsキーとはWindowsフラグの絵が描いてあるキーの事です。

「夢の世界」とは一体?
実行する方は、必ず目を閉じて行って下さい。
そうでないと「夢の世界」は見られませんよ。

2005年01月21日

剣呑み

剣の呑み込み術
@nifty:デイリーポータル ZのTopicsで剣呑みのマジック道具が紹介されていました。
動画付きです。
このサイトでは以前に「喫茶・邪宗門」が紹介されていた事もあります。
最近のマジックブームの影響か、それともライターにマジックファンがいるのでしょうか?

尚、上記の剣呑みはマジックですが、本当の剣呑みの動画を御覧になりたい方はこちらをどうぞ!
Sword Swallowing Video Clips

2005年01月22日

ニセ札

最近ニセ札事件が多いです。
海外はともかく、国内でニセ札事件など以前は珍しかったのに。

安野光雅氏の『算私語録』という著書の中に面白い話が載っていました。
氏は学生時代にイタズラで百円札を模写して寄宿舎にはっておいたら呼び出しをくらったそうです。
「白紙に百円という字を書いた位では贋造にはならぬ。ただし、それを使えば勿論いけない。どの程度まで上手に模写したら贋造とみなされるか、知りたい。」

ちょっとネットで調べてみました。
どこまで大丈夫?…『通貨偽造』
こちらによると「人が不用意にこれを一見した場合に真正の銀行券と思い誤る程度」だそうです。
う〜ん、あまりにも曖昧で主観的ですね。
それにコピーしただけでも違法だと思いましたけど…。
気になってこちらも調べて見ました。
紙幣のコピーについて
どうやらコピーの原稿台の上に置いただけでも犯罪になるそうです。

そう言えば昔、紙幣の1/4面だけを印刷した紙幣焼きマジック用のお札が販売されていたように記憶します。
これも本来ならば違法なのかもしれません。
その時、あるアマチュアマジシャンから次のような事を教えてもらいました。
・両面印刷してあれば、例え子供銀行と表示があってもいけない。
・紙以外の材質(布など)であれば、本物そっくりでも問題ない。
本当かどうかもわかりませんし、もう30年程昔の事なので記憶違いがあるかもしれません。

2005年01月23日

JUNK BOT

JUNK BOT
レゴを使ってゴミ処理ロボットをゴミ箱まで導いてあげるパズルゲームです。
扱い方は実際のレゴと同様なので、操作はすぐにわかると思います。
ロックがかかっていて、ステージのレベルを全てクリアしないと次のステージには進めません。
最初のステージは練習といったところでしょうか。
かなり悩まされるレベルもありますので楽しんで(苦しんで?)下さい。

2005年01月24日

マウスカーソルを追いかけるネコ

Neko

It's Neko! (2.0) ジョークプログラムです。(JAVAスクリプトがオフだと動作しません) 左上隅にネコが一匹いると思います。(「M」の字の上あたり) ネコをクリックしてみてください。 ネコがマウスカーソルを追いかけてきます。 又、そのまま放っておくと寝てしまいます。 これは上記の"It's Neko! (2.0)"を使ってます。

元々はNECのPC-98シリーズのMs-Dos上で動く"neko.com"のようです。(画像参照)
当時、味気ないMs-Dosに常駐してカーソルにじゃれつくネコは人気でした。
「ネコレース」や「ネコエディタ」など関連ソフトもあったくらいです。

今ではPC-98版は入手困難だと思いますので欲しい方はどうぞ!(Windows上では動きませんのでご注意を)
フリーソフトなので大丈夫だとは思いますが、もし問題があるようでしたら御連絡下さい。
至急対処致します。
neko.com ver 0.70のダウンロード (PC-98 Ms-Dos版)

続きを読む "マウスカーソルを追いかけるネコ" »

2005年01月25日

光学迷彩

光学迷彩
まずは動画をどうぞ! こちら
まるで背後が透けて見えるかのように見えます。
が、サイトの説明によりますと「物体を光学的にカモフラージュするための技術」だそうです。
詳細は上記サイトを御覧下さい。
他にも動画が幾つかあります。

こういう映像を見ると、すぐマジックに応用できないだろうかと考えてしまいます。

又、医学都市伝説では、壁を通して向こう側の物を見ることが出来る発明の記事を載せていらっしゃいます。
こちらの方は随分怪しそうですけど・・・。
透視マシン発明される?

2005年01月26日

ソリティア

Peg Solitaire
ソリティアです。この場合はペグ・ソリティアとも言います。
よくWindows付属のソリティアと誤解している方がいるのですが、元々ソリティアとは一人遊びの事です。
狭義では、カードを使った一人遊び(カード・ペーシェンス)を指すようです。

このパズルゲームの目的はペグ(この場合は球)を一つを残して全て消す事です。
ペグは隣接するペグを飛び越えて移動しなければなりません。(ただし一つだけです)
又、飛び越されたペグは取り除かれます。

最初は難しいかもしれませんので、簡単なこちらがお勧めです。Cool balls

2005年01月27日

マネー司郎

お札で折る折り紙
お札で作ったオリジナルの折り紙を公開されているMasa氏のサイトです。
普通の折り紙はこちらです。
お札の折り紙は海外の方がポピュラーです。例えばこちら

ところでMasa氏の折り紙はお札の図柄を利用しているのが特徴です。
ちなみに写真はマネー司郎。(似てるんですよね)
他に目玉親父やカネゴンなども作っていらっしゃいます。

2005年01月28日

クロースアップ・マジック

「クロースアップ・マジック」という用語について
上記は誰が為に鈴は鳴るで紹介されていました。
まだマジックブームは終わってないようです。
少し前までは「クロースアップ・マジック」と言って意味が通じる事は無く、目の前で行うマジックと言わなければなりませんでした。
普通のサイトで紹介されているあたり、随分と一般的な言葉になってきたものです。
その点では演じやすくなったのですが、同時にやりにくくなった面も多いのです。
例えば、以前はアンビシャス・カードなども良くやっていたのですが、最近はテレビで見た事がある方も多くなってインパクトに欠くようになりました。
重宝していただけに残念です。
又、詳しい事は書けませんが変な誤解も多くなりました。
たまにWebのマジック関係で、思わずツッコミたくなるような書き込みを見かける事があります。
テレビの影響力とは恐いものです。

2005年01月29日

CHIN-PANZEES

CHIN-PANZEES
あまり出来が良くないため、トリックがすぐにわかってしまうかもしれません。
品も良くないし、ちょっと残念です。

この動画は40年以上も前のNHK放映の人形劇『魔法のじゅうたん』で登場した「ピッコロ博士」の手法を使っています。
松田道弘氏の『奇術のたのしみ』によりますと、有名なアマチュアマジシャンである厚川氏さえ最後まで騙されたそうです。
このトリックを一度見たいと思っていたのですが、数年前に念願かなってテレビで見る事ができました。
確か、かくし芸か何かの番組だったと思います。
尚、この素晴らしいアイデアの考案者は飯沢匡氏だそうです。

2005年01月30日

エラーメッセージ・ジェネレーター

Atom Smasher's Error Message Generator

手軽にWindowsのエラーメッセージが作れます。
日本語が使えないのが残念ですが、アイコンが豊富なので面白いものが出来るかも。

[情報元 Doblog - あくじき -]

2005年01月31日

HOUSE of CARDS Deluxe

HOUSE of CARDS Deluxe

カード・キャッスルを作るパズルゲームです。
次の規則に基づいて、カードのペアを作って積み重ねていきます。

同じマークか同じ数字でなければペアにはなりません。
カードのペアを置く時は、土台となるペアと同数かそれ以下でなければいけません。
ペアの合計が「20」であれば、土台のペアより数字が大きくても置けます。
ペアの合計が「21」であれば、どこにでも置く事ができ、吹き飛ばされないように補強できます。
しかもその下のペアをも補強できます。
尚、絵札は全て「10」、エースは「1」又は「11」と数えます。

もし、ジョーカーを引いてしまったらカード・キャッスルの一番上の部分が吹き飛ばされます。
手札に2枚以上のジョーカーがあると全てが吹き飛ばされます。

補強をする場所さえ間違わなければ、'BEGINNER'や'EASY'レベルは容易です。
'DIFFICULT'になると本当に難しくなります。